世界中で登録されたアルピナ車の外装・内装写真や情報をシリアルアンバー毎に見られる「Alpina-Archive」が凄い!!

世界中で登録されたアルピナ車の外装・内装写真や情報をシリアルアンバー毎に見られる「Alpina-Archive」が凄い!!

こんばんは!
evening_skyです。

みんカラのお友達j-hagiさんのブログで知ったのですが、世界中で登録されたアルピナ車の写真や情報が見られる「Alpina-Archive」というサイトがあるそうです。

アルピナオフィシャルなページではありませんが、j-hagiさんが愛車登録された時のメールのやり取りによるとサイト運営はALPINA社関係の方ではとのことでした。
このalpina-archive.comの凄いところは、これまで出荷されたALPINAの数や内訳が見れるのと、
その中でオーナーやクルマの関係者が登録したクルマの基本情報や写真を見ることができます。

ALPINAは各車両にシリアルナンバーが振られていまして車両内装のセンターコンソール上のプレートで確認できます。
このサイトでは所有者が登録したものだけですが、シリアルアンバー毎に各情報が見られるのは凄いですね。

登録された国の分布を見ると世界各国に散らばっているのがわかるのが楽しいですね。

前回の東京モーターショーで披露されたオレンジのB4Sカブリオレも登録されています。

【アルピナ編】東京モーターショー2017に行ってきました♪写真&インプレ・レポートvol.2

ALPINAはドイツ本国で毎年、わずか1500台前後しか製造されない少数生産車両なのでのでこういったアーカイブを作ることができるんですね。

ALPINA車はマイスターの手作業に頼った生産のため、生産台数の拡大は難しく、またALPINA品質を守るため拡大する予定もないそうです。
製造工程では、エンジンであれば担当のマイスターが1人で部品の選別から組み上げまでを行い、1台につき必ず1人のマイスターが完成後のテスト走行まで管理を行うというほど1台1台の製造にこだわっているのも素敵です。
まさに職人、プロフェッショナルな作業ですね^^

日本で毎年販売されるのも300台程度(2割程度が日本というのも凄いですね。)で、以前試乗した時にニコルの営業さんから聞いた話だと
どこまでが営業トークなのかはわかりませんが、ALPINA本社からも台数を売れという指示は出ていなくて、逆に売りすぎないで的な感じだそうです^^;
アルピナを知ってもらい、ファンになってもらってアルピナに魅力を感じた方に買って欲しいというスタンスみたいです^^

BMW ALPINA 3シリーズディーゼルD3 Bi-Turboとガソリン車B3 S Bi-Turboを試乗して比較してきました^^【前半・D3試乗レポート編】

「Alpina-Archive」に戻りますが、アーカイブページを見てみるとこんな感じです。

ALPINAの全車両の登録数データの一覧です。
これは凄い^^

Archiveというのがユーザーによって情報登録された台数で、Productedが生産された台数です。
Archiveに登録されているデータも結構多いですね
ちなみにBMW3シリーズF3x系のALPINA車両は生産台数が2,514台、アーカイブ登録台数が754台となっています。
E9x系などはかなりアーカイブ登録多いですが、Fx系はまだ3割程度ですね。

続いて4シリーズF3x系ですが、生産台数が1,204台、アーカイブ登録台数が358台となっています。
生産台数はF系3シリーズの大体半分、アーカイブ登録数は同様に3割程度ですね。

今後中古車市場などで出回ってくると割合も増えてくるのでしょうね。

4シリーズF3x系のモデル別生産数、登録数はこんな感じです。

B4はSに移行していますが、B4 BiTurboとD4 BiTurboの生産台数は350台程度で同じくらいなんですね。
ただしB4はAllrad(4WD)モデルもあるので合わせると倍ぐらいですが^^;
両車とも110台ぐらいがアーカイブ登録されています。

続いてALPINA D4 BiTurboの詳細を見てみましょう

D4カブリオレが生産台数95台、アーカイブ登録台数が41台

D4クーペが生産台数250台、アーカイブ登録台数78台でした。
D4カブリオレは全世界で100台弱、クーペも250台くらいなんですね。

日本での流通量が2割くらいとするとD4クーペは大体50台くらいですかね。
1都道府県に1台ぐらいとなかなか同じ車種を見かけることは無さそうですねw

アーカイブ登録されているモデルは各シリアルアンバー一覧で概要情報と更に詳細を見ることができます
ちなみに#1はワールドプレミアのスペシャリティカーのため登録されていません。

私のD4は#36ですが、ちょうど抜けてますね^^;

「36」という数字は元BMW4シリーズグランクーペF36乗りとしてはちょっと嬉しいシリアルアンバーです^^
ということで、世界中のALPINA車がこのサイトで繋がってる感じで面白いですね。

「Alpina-Archive」自体は特にコミュニティなどはありませんが、こういうサイトを通じて
世界中のアルピナ乗りの方と繋がり交流とかできたら楽しいのになって思いました^^

Alpina-Archiveにj-hagiさんも登録されたとのことで、メール2,3度のやり取りで登録できるそうなので私も折角なので暇を見て登録してみようと思います^^
j-hagiさんのB4 S Cabrioはこちら


素敵な写真ですね^^

それでは、また!

【アルピナ編】東京モーターショー2017に行ってきました♪写真&インプレ・レポートvol.2

【BMW編】東京モーターショー2017に行ってきました♪フォトレポートvol.1

BMW ALPINA 3シリーズディーゼルD3 Bi-Turboとガソリン車B3 S Bi-Turboを試乗して比較してきました^^【前半・D3試乗レポート編】


お気軽にコメントください^^

*

FACEBOOKでコメントする^^