新型BMW5シリーズツーリング(G31)523d M Sport試乗レビュー^^【BMW GROUP TOKYO BAY 初訪問編・試乗レポート】vol.2

新型BMW5シリーズツーリング(G31)523d M Sport試乗レビュー^^【BMW GROUP TOKYO BAY 初訪問編・試乗レポート】vol.2

こんにちは!
evening_skyです。

さて前回のX3の試乗に続きまして、

新型BMW X3 xDrive20d M Sport試乗レビュー^^【BMW GROUP TOKYO BAY 初訪問編・試乗レポート】vol.1

試乗車2台目は新型5シリーズツーリング(G31)のディーゼルエンジンモデル
523d ツーリング M Sport 8速AT 5ドア 右 \8,370,000
です。
お値段が523でも800万超えと新型5シリーズのプレミアム感半端ないですがお友達の試乗インプレで評判のいい523dの試乗してみたかったのと
新型5シリーズは540iや

BMW新型5シリーズ(G30)540iMスポーツを試乗してきました^^


プラグインハイブリットの新型530eは試乗したのですが

1年点検の代車はBMW新型5シリーズ「BMW 530e iPerformance Luxury」♪


セダンとの走りの違いも気になったのでツーリングモデルをチョイスしてみました

ツーリングはセダンの523dの33万円高となります。
523d M Sport 8速AT 4ドア 右 \8,040,000

旧型のF11のデザインも素敵で国内・海外含めたツーリングワゴンモデルでは一番かっこいいんじゃないかと思っていましたが、
今回のG31は更にカッコよくなったなあって感じます。

セダンモデルもいいですが、5シリーズを選ぶなら今のライフスタイル的に個人的にはツーリングをチョイスしたいかな
ちなみに前愛車F10-523iセダンを購入する際に最後までF11-523iと悩んだ記憶があります。
結局その前の愛車がE91-335iツーリングだったので次はセダンにしようかなってことで最後に523iセダンを選んだ気がしますwあとは少し安かったですし^^;

さて新型5シリーズツーリング(G31)の試乗記に戻ります(汗

マシンスペックはこんな感じです

全長×全幅×全高 4950×1870×1500mm
ホイールベース 2975mm
トレッド前/後 1600/1595mm
エンジン型式 B47D20A
最高出力 190ps(140kW)/4000rpm
最大トルク 40.8kg・m(400N・m)/1750~2500rpm
種類 直列4気筒DOHCターボ (ディーゼル)
総排気量 1995cc
原動機型式 B47D20A
気筒配列 直列4気筒
圧縮比 16.5
過給機 ターボ
燃料供給装置 デジタル・ディーゼル・エレクトロニクス(DDE/電子燃料噴射装置)
使用燃料 軽油
駆動方式 FR
トランスミッション 8AT

今回の試乗車のボディカラーは確認するの忘れましたが、ブルーストーン・メタリックかな

とても綺麗な色で光の加減によってシルバーっぽく見えたりして気に入りました^^

新世代のBMWデザインで新型5シリーズは何度か見てますが改めて見てもカッコいいですね♪
次期3シリーズもこの流れになりそうなので楽しみです^^

同様にぐるっと一回り現状の車両の確認をして運転席へ乗り込み出発です^^

前回試乗した新型BMW X3 xDrive20d Mスポーツと同様のどちらもB47D20Aディーゼルエンジンを搭載してますのでレスポンスは同様にかなり良い感じです

こちらもツーリングなのでX3同様に重量ありますが最大トルクの400Nmを1750-2500rpmで発生するスペック通りスムーズに加速してくれますし
アクセルを踏んだときのレスポンスの反応も良くスムーズに回転が上がりクルマも追従していきます。
ほんと実用域のアクセルと回転数が上手くリンクしてますね。

X3比で523dの方は車重が1800kgとX3より60kg軽量なのと車高が低いのでより安定感ある走行ができるイメージです。
X3でもSAVとは思えないかなり高い次元の走行性能を実現していましたが、やはり5シリーズですね、車格の貫禄かより路面との接地感というかより安定感を感じますね。
コーナーでの走りも街乗り程度の速度だとロール感もなくミシリともしない高い剛性感が好ましいです。

以前試乗した540iの踏めば踏んだだけどこまでもスムーズに吹け上がっていくエンジン、トランスミッションの非常高い完成度にほれぼれしましたが、この523dでも必要十分以上の走りを実現しているなあって感じました。
逆に代車で借りた530eと比べると523dの方が個人的には運転していて楽しかったですね

セダンとの走りの違いを少し心配していましたが、試乗した限りツーリングモデルでもセダンと同様に走り重視で何も犠牲にしていないという印象を持ちました^^

こちらもあっという間に2週の試乗タイムは終了しました。

まだ乗っていたいなあと思いつつ、トランクやリアシートも確認させてもらいました。

ツーリングモデルだけにトランク容量も余裕がありますね~
もちろんリアシートも広々しているので家族受けも良さそうですw

今回試乗した新型BMW X3 xDrive20d Mスポーツと新型5シリーズツーリング523d Mスポーツ
どちらもB47D20Aエンジンを積んでおり走り的にもかなり満足度高かったです。
エンジンが同じですがX3の方が後に出たのでよりミッション含めて成熟されているのかもしれないですが、運転席で運転している限りあまり違いは感じませんでした。

値段が違いますが、どちらか一台を選ぶなら正直どちらを選んでもハッピーになれそうですね^^

私が選ぶならかなり迷います。今までとクルマ選びの路線を変えるXシリーズということで最新のX3を選ぶのもよいかもしれませんし、やはり目線が低いほうが落ち着くのと5シリーズの剛性感、コーナリングの安定感やクルマとの一体感がより強く感じられるということで新型5シリーズツーリング523d Mスポーツを選びたい気もします。
いや、X3もドライビングポジションに慣れれば問題ないかも。まあ5シリーズだとお値段が800万円超えからスタートということで新車では買える気がしませんが^^;

ほんと最近のBMWの新型車の出来は素晴らしいですね!
今からコツコツ貯金しましょうかね^^;

次回はMINI編を2台一気に書きますね。
ということでTokyobay試乗記もMINIクラブマンとMINIクロスオーバーで完結です

それでは、また!

BMW新型5シリーズ(G30)540iMスポーツを試乗してきました^^

新型BMW X3 xDrive20d M Sport試乗レビュー^^【BMW GROUP TOKYO BAY 初訪問編・試乗レポート】vol.1


お気軽にコメントください^^

*

FACEBOOKでコメントする^^