BMW全方向で自動停止する試作車を公開!動画あり♪2021年にドライバーが不要なレベルの完全自動運転の車を市販を目指す

BMW全方向で自動停止する試作車を公開!動画あり♪2021年にドライバーが不要なレベルの完全自動運転の車を市販を目指す

こんにちは!
evening_skyです。

昨日こんなニュースをタイムラインで見かけました。

BMW、全方向で自動停止する試作車を公開 News i – TBSの動画ニュースサイト
%ef%bd%82%ef%bd%8d%ef%bd%97%e3%80%81%e5%85%a8%e6%96%b9%e5%90%91%e3%81%a7%e8%87%aa%e5%8b%95%e5%81%9c%e6%ad%a2%e3%81%99%e3%82%8b%e8%a9%a6%e4%bd%9c%e8%bb%8a%e3%82%92%e5%85%ac%e9%96%8b_3 ドイツの自動車大手「BMW」は、障害物とぶつかりそうになった際、前方だけでなく、側面や後方を含めた全方向で衝突を察知して自動停止する試作車を日本で初めて公開しました。

 「BMW」が日本で初めて公開したのは、全方向で障害物とぶつかりそうになった際、自動で停止する試作車です。車の前方、後方のほか、側面にもセンサーが搭載されていて、曲がる際に障害物を巻き込みそうになっても検知して自動で停車します。

 BMWでは、2021年に人が運転する必要がない完全自動運転の車を市販するとしていて、今回公開した技術などを応用しながら開発を進めていくとしています。(20日15:03)

40秒くらいの動画なのでリンク先でご覧ください^^
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2896314.htm
試作車はi3ですね。
前方だけだけでなくバックや左折の巻き込みなども防止してくれるのは優秀ですね♪
%ef%bd%82%ef%bd%8d%ef%bd%97%e3%80%81%e5%85%a8%e6%96%b9%e5%90%91%e3%81%a7%e8%87%aa%e5%8b%95%e5%81%9c%e6%ad%a2%e3%81%99%e3%82%8b%e8%a9%a6%e4%bd%9c%e8%bb%8a%e3%82%92%e5%85%ac%e9%96%8b
%ef%bd%82%ef%bd%8d%ef%bd%97%e3%80%81%e5%85%a8%e6%96%b9%e5%90%91%e3%81%a7%e8%87%aa%e5%8b%95%e5%81%9c%e6%ad%a2%e3%81%99%e3%82%8b%e8%a9%a6%e4%bd%9c%e8%bb%8a%e3%82%92%e5%85%ac%e9%96%8b_1

事故も確実に減りそうです^^

運転に慣れていない家族の方が運転する際もちょっと安心ですね(汗

こちらは近い将来にでも新型車に搭載して欲しいですね♪
i3に搭載されたら欲しいかも^^

あと気になったのは2021年に人が運転する必要がない完全自動運転の車を市販という下りで、BMWも完全自動運転車を本格的に目指すのかあってちょっと複雑な気持ちになりました
%ef%bd%82%ef%bd%8d%ef%bd%97%e3%80%81%e5%85%a8%e6%96%b9%e5%90%91%e3%81%a7%e8%87%aa%e5%8b%95%e5%81%9c%e6%ad%a2%e3%81%99%e3%82%8b%e8%a9%a6%e4%bd%9c%e8%bb%8a%e3%82%92%e5%85%ac%e9%96%8b_2

またResponseでもBMWに関する自動運転の記事がUPされていました。

BMW、「自動運転導入を巡る国際的動向」プレゼンテーションを開催
http://response.jp/article/2016/10/21/283976.html
BMWは20日、報道関係者向けに「自動運転導入を巡る国際的動向」のプレゼンテーションをBMW GROUP Tokyo Bay(東京・お台場)にて開催。自動運転に関する興味が高まっている状況下、その導入を巡る国際的動向を環境やインフラといった側面から採り上げた。

・・・中略・・・
自動運転の実現によってもたらされるのは、ドライバーが移動中の時間を効率的に利用できるようになるということ。読書やビデオの鑑賞、あるいは仕事に移動時間を使ってもいい。また交通事故全体の94%はヒューマンエラーによっ発生しており、自動運転が実現すればこれが担保されて安全に対しても大きな貢献を果たすようになる。

一方で、クルマを所有するコストも大きな要素。ドイツではクルマを持つと年間10900ドルを超えている。月々1000ドルものコストがかかっているのだ。これをもし、シェアサービスを利用するようになれば、そのコストは大幅に引き下げることができる。

BMWでは自動運転レベルを、支援システムがないレベル「0」から、ドライバーが不要なレベル「5」まで全6段階に分けている。その中で注目はレベル「3」で、緊急時はドライバーによる介入が必要となるものの、通常時は運転操作そのものをクルマが行うというものだ。ただ、ここへ行く過程のハードルはかなり高い。

そんな中、ニューBMW『7シリーズ』は、極めて高度な自動運転に近いレベルを実現。それは限りなくレベル「3」に近い状態にある。とはいえ、一定時間ハンドル操作をしなければ、自動操舵については解除されてしまう。その意味で、完全なレベル「3」にはない状態にあるのは確かだ。
・・・中略・・・
さらにインテルやモバイルアイとの協業もスタートしている。これらによりBMWでは2021年に路上での自動運転の実現を目指しているところだ。

詳しくはResponseの記事をご覧ください
http://response.jp/article/2016/10/21/283976.html
bmw-automotive

インテルなどの協業も少し前に話題になっていましたよね。

今後カーシェアサービスにも力を入れていくようで日本でもBMWのカーシェアサービスが提供されるかもしれないですね♪

自動運転に関して現状のBMW7シリーズがレベル3まで来てるのならあと2段階で自動運転を実現できますが、ここからが大変なんでしょうね。

自動運転車が完成したらテスラとガチバトルと言った感じでしょうね^^

個人的には完全自動運転車でどう駆け抜ける喜びと提供するのか興味ありますが、個人的には自動運転車ならBMW乗らなくてもいいかなって思います(汗

まあ渋滞や通勤などで疲れた時だけ自動運転利用するのならありかもしれないですね。

2021年にどうなっているか楽しみではありますね^^

それでは、また!


お気軽にコメントください^^

*

FACEBOOKでコメントする^^