BMWディーゼルモデル欧州で32万台リコール。。気になる対象車種、生産年月も発表も日本は現時点では対象外

BMWディーゼルモデル欧州で32万台リコール。。気になる対象車種、生産年月も発表も日本は現時点では対象外

こんにちは!
evening_skyです

先日BMW純正ディーゼル添加剤の引き取り手を探していた件ですが、

BMW純正ディーゼル添加剤はアルピナのディーゼルモデルにはNGだそうです><


何人かの方からメッセージ頂き、すぐに完売となりました。
ありがとうございましたm(_ _)m

さて最近界隈を騒がせている韓国でのBMW出火問題ですが、
欧州でも32万台超がリコールになりました。。。

出火の原因は、排ガス再循環装置の不具合であることが判明とのことで、BMWのディーゼルモデルが対象となっています

欧州でのリコール対象車は
セダンからスポーツ用多目的車(SUV)まで幅広い車種、約32万4000台が対象。
とのことで

現時点では日本はリコールの対象に含まれないそうですが、心配ではありますよね。。。

対象モデルや生産年月などのモデル情報ですが、こちらによると

対象となるのは、3 シリーズ、 4 シリーズ、5 シリーズ、 6シリーズ、7 シリーズ、X3、 X4、 X5、 X6
4気筒エンジンは2015年4月から2016年9月の期間に生産されたユニットが対象。
6気筒エンジンは2012年7月から2015年6月までの生産分が対象

だそうです。

現時点では日本国内ではリコールは発表されていませんが欧州でもリコールとなっているので今後日本でもリコールが発表される可能性もあるかもしれませんね。
アルピナD4もディーゼルモデルなので同様にEGR(排気再循環)装置を使っていますので気になりますね

今後の状況を見守りたいと思います
また新しい情報が入ったらUPしていきます。

それでは、また


COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By あっきろ

    evening_skyさん、こんにちは〜
    韓国以外の事例が聞こえてこないので、根本は韓国仕様だけの話なのか、全仕様なのか未だ分からないですね。
    ただ本国リコールがかかったという事は、少なくとも構造的に懸念される所があるのでしょうね。
    各国で流通している軽油の質なども関係するかも知れません。
    何にせよ問題があるなら早くはっきりしてもらって対策部品への交換を速やかにお願いしたいですね。
    愛車の発火なんて考えただけでも恐ろしい…

    • By evening_sky

      あっきろさん、こんにちは!
      現在現地でBMWエンジニアが調査中みたいなので根本原因が早くわかるといいのですが。。。
      情報によると一部ガソリンモデルでも発生しているそうなので、
      不明点が多すぎますよね^^;
      大事な愛車が発火とかほんと悲しすぎますよね><
      またよろしくお願いいたします!

お気軽にコメントください^^

*

FACEBOOKでコメントする^^