BMW M4 GTSに装着でようやく実用化されるカーボンファイバー製ホイールの実物の写真!価格は・・・

BMW M4 GTSに装着でようやく実用化されるカーボンファイバー製ホイールの実物の写真!価格は・・・

こんにちは!
evening_skyです。

今日はBMW M4 GTSに今回市販モデルに初搭載されるBMWカーボンファイバー製ホイールについて書きます。

2年ほど前に、

【レポート】BMWが2年以内にカーボンファイバー製ホイールを実用化
BMWは2月20日、ドイツ・ミュンヘンにおいてメディア向けに開催した「イノベーション・デイズ 2014」において、炭素繊維強化プラスチック(CFRP)製ホイール(カーボン製ホイール)の実用化を発表した。

今回発表されたホイールなどの製品は、同社の電気自動車「BMW i」ブランド向けに開発されたもの。従来の鍛造アルミ製ホイールに比べると、総カーボン製のホイールは35パーセント、カーボン製リムとアルミ製スポークのホイールは25パーセント軽量化されており、装着すれば、かなりのバネ下重量の軽減が期待できる。また、カーボン製のステアリング・ホイールやプロペラシャフトの開発も進んでおり、プロペラシャフトについては、発表されたばかりの新型「M3」と「M4」に採用されている。さらに、同社はCFRPの再利用にも取り組んでいくようだ。「i3」「i8」の製造過程で生じた廃CFRPを再生し、従来はアルミやマグネシウムを使用していたシートフレームやスペアタイヤ部分に使用していくという。

同イベントでは、このホイールはまだ現実的な製品化の段階にはなく、EUの承認も下りていないという状態だったが、英の自動車メディア『Auto EXPRESS』は、今後2年以内に発売されるだろうと伝えている。

これまでもホイールの素材に関しては様々な開発が行われてきた。
1972年には、シトロエンの親会社であるミシュランが開発したファイバーグラスと樹脂製の新素材のホイールが初めてラリー競技用「SM」に装着された。
2008年には、日本のウェッズスポーツが総カーボン製ホイールのプロトタイプを開発。翌2009年には、オーストラリアの研究開発(R&D)を行う会社Carbon Revolution社が総カーボン製ホイール「CR-9」を発表し、このホイールはシェルビー・スーパーカーズの「アルティメットエアロ」に採用された。
現在このホイールは、1セット1万5000ドル(約150万円)で販売されている。

っていうニュースがでましたが、さすがBMW本当に2年でカーボンホイールを実用化してきましたね。

bimmerpostに実物の写真が投稿されていましたので紹介します。
http://f80.bimmerpost.com/forums/showthread.php?t=1255333
m4-cfwheels4

それにしても走る気満々な内装ですねw
m4-cfwheels10
m4-cfwheels8

オフィシャルフォトだとカーボンって感じですが^^;
bmw-m4-gts-carbonfiber-wheels2

実際の写真だとぱっと見、バイカラーで黒ホイール?って感じであまりわかりませんねw
m4-cfwheels1

超軽量なのでかなり走りにも影響しそうですね^^

front: 9.5 J x 19, rear: 10.5 J x 20
タイヤはフロント265/35Rの19インチ、リア285/30Rの20インチ
だそうです。

価格はパーツ単体で
>Fronts 19 x 9.5 +29 $4850.00 each CDN
>Rears 20 x 10.5 +42 $5920.00 each CDN

ということで106円換算すると
フロント1本516,088円
リア1本629,917円
4本合計でホイールだけで229万円と
いうことですw
タイヤも必要ですから、ホイールセットだけで300万近くですね。。。

恐ろしいww

カーボンファイバー製ホイールは高価なので当面はハイスペックモデルだけでしょうが、いずれは3シリーズとかもカーボンホイール装着とかいう日もくるんでしょうね♪楽しみに待ちましょう^^

それでは、また!

ブログ関連記事:
BMW M4 GTSに採用されているテールランプ有機LED(OLED)の国内予定価格が判明^^;
ドイツオーダーの純正BMW M4 GTSトランクエンブレム販売中^^;
世界限定700台BMW M4 GTSの日本国内での価格と日本導入数が判明!!
ニュル7分28秒BMW最速レース仕様モデル「BMW M4 GTS」が発売!全世界700台日本では限定30台


お気軽にコメントください^^

*

FACEBOOKでコメントする^^