【アルピナ編】東京モーターショー2017に行ってきました♪写真&インプレ・レポートvol.2

【アルピナ編】東京モーターショー2017に行ってきました♪写真&インプレ・レポートvol.2

こんばんは!
evening_skyです。

東京モーターショー2017、前回のBMWに続いて今回は、アルピナブースを紹介します^^

【BMW編】東京モーターショー2017に行ってきました♪フォトレポートvol.1

アルピナブースはいつも通りBMWのお隣です♪

今回のアルピナの出展車は日本初披露となる2台のジャパン・プレミア・モデル
「ALPINA B5 Bi-Turbo Touring Allrad」と「ALPINA D5 S Bi-Turbo Limousine Allrad」を含む、5台が出展されていました。

アルピナは東京モーターショーに初参加してから30年周年だそうです^^
過去40年間に輸入販売したアルピナはトータル5000台以上、アルピナの生産台数は年間1500台程度で日本はドイツ本国に次いで2番目のマーケットとのことで日本に対して力を入れてくれているのは嬉しいですね♪

それでは早速見ていきましょう♪
まずはジャパンプレミアの「B5 Bi-Turbo Touring Allrad」^^

アルピナブルーが鮮やかですね♪
アルピナグリーンも渋いですが私はアルピナブルーが大好きです^^

4.4L V8ターボ搭載で最高出力は608ps、最大トルクは800Nmと世界最強のツーリングワゴンですね♪

800Nmって恐ろしいトルクですね・・・想像もできませんw

お値段も1934万とほぼ2千万円です(汗
B5 Bi-Tourboはすでに1700台ほどの注文を受けているとのことでお金あるところにはありますねw

続いては同じくジャパンプレミアの「ALPINA D5 S Bi-Turbo Limousine Allrad」です。

こちらはアルピナグリーンのボディです^^

3L直6ディーゼルのターボでパワーは326ps/700Nmと破格です^^;
ディーゼル最強のセダンですね!
700Nmとこちらも凄まじいトルクです^^;
こちらの価格は1288万円と「B5 Bi-Turbo Touring Allrad」の後だと少しお買い得に感じるのが不思議です(汗

続いては「B7 Bi-Turbo」リムジンロングバージョンです。
既に昨年発表されたこのB7 Bi-Turboですが、米国だけで既に400台の受注済みとのことです。

次は、ホワイトボディの「アルピナ B3 S BITURBO」です

アルピナのホワイトボディは気品を感じます^^
3.0リッター直列6気筒ビ・ターボ・エンジンで最高出力440PS(324kW)/5,500-6,250rpm、最大トルク67.3 kgm(660Nm) /3,000-4,500rpm
こちらの価格は11,350,000円也^^

最後は4シリーズ好きとしてはとても気になった「BMW 4シリーズ カブリオレ」ベースのオレンジボディの「B4 S BITURBO Cabrio」です

この色いいですね~内装のホワイトの革シートとコーディネートがお洒落です^^
3.0リッター直列6気筒エンジンは最高出力440 PS(324kW)/5,500-6,250rpm、最大トルク67.3kgm(660Nm)/3,000-4,500rpm
車両本体価格(消費税込み) ¥13,030,000です^^;
半額くらいになったら中古で欲しいです(汗

BMWのスペシャルモデルと言えば「M」か「アルピナ」でどちらもとても魅力的なクルマですが、昔はどちらかと言うと「M」モデルに乗りたかったですが、
最近は「ALPINA」の方が欲しいかなあ^^
まあアルピナの新車は無理なので中古でもいいので一度は所有したいクルマですね♪

それではまた!

【BMW編】東京モーターショー2017に行ってきました♪フォトレポートvol.1

【ALPINA・MINI編】東京モーターショー2011観戦レポートvol.2


お気軽にコメントください^^

*

FACEBOOKでコメントする^^