BMW Update ManagerがリリースされていたのでiDriveマップ無料更新を試してみました^^;

BMW Update ManagerがリリースされていたのでiDriveマップ無料更新を試してみました^^;

こんにちは!
evenin_skyです。

少し前に、USBマップアップデートが購入済みになっていたとの記事を書きました↓が、
【BMW4シリーズグランクーペ】iDriveナビ3年間地図アップデート無料対象モデル!?USBマップ・アップデートも購入済みになっていました^^

地図をデータをアップデートするBMW UPDATE MANAGERがまだリリースされていないとの情報を教えて頂きお預け状態でしたが、みんカラのお友達のエジーさんの記事でBMW UPDATE MANAGERがダウンロード可能になっているのとの情報をキャッチしたので、早速試してみました♪

まずBMW UPDATE MANAGERをダウンロードするところからですが、そもそもググっても出てきませんw

こまったのでエージーさんに連絡してみたらBMW ConnectedDriveのポータルサイトからダウンロードできますよって教えていただきました^^
ありがとうございました♪

そもそもBMW ConnectedDrive自体登録してなかったのでまずは登録から始めました^^;

BMW ConnectedDriveポータルサイト

BMW ConnectedDriveの説明書的なものは↓からPDFダウンロードできます^^
BMW コネクテッド・ドライブ ファースト・ガイド(PDFをダウンロード)

手順は無料アカウントのBMWコネクテッド・ドライブ・スタンダードの方なのでステップ1-3,5のバッテリーガードの設定で完了です。
BMW Connected drive

ステップ 1:アクセス・データ (アカウントID とパスワード)を登録
ステップ 2:ユーザー情報 (パーソナル・データ、 車両ログイン ID)を設定
ステップ 3:ご登録車両を、 ステップ 1で登録されましたアクセス・データへ関連付け

ステップ 5:バッテリーガードの設定

ということで順番に行っていきます。

ステップ 1:アクセス・データ (アカウントID とパスワード)を登録
step1

ステップ 2:ユーザー情報 (パーソナル・データ、 車両ログイン ID)を設定
step2

ステップ 3:ご登録車両を、 ステップ 1で登録されましたアクセス・データへ関連付け
step3

車両の追加
3

セキュリティコードが車両に送られるので送られたセキュリティコードを車のBMWコネクテッドドライブから確認します。
4

少し待つとメッセージが受信されていました。
IMG_3957

開くとセキュリティコードが入ってるのでこれをPCのコード欄に入力すると車両ひも付けされます^^
IMG_3958

ステップ 5:バッテリーガードの設定

バッテリーガードは、ルーム・ランプやハザードの消し忘れ等により、車両のバッテリー電圧が規定より低下すると、車両からバッテリー異常を自動的にお客様とBMW正規ディーラーに通知します。またエンジンを始動した際、バッテリー電圧がさらに低下し、異常を検知した場合にも、BMW正規ディーラーに通知を行うサービスです。こちらから同サービスの設定が可能です。
バッテリーガード

このバッテリーガード通知いいですね^^
これだけでも設定しておくと何かと安心だと思います♪

ということでログインするとトップメニュはこんな感じです
サービスのステータスを確認できます。
2
USBマップ・アップデートの部分が購入中になってますね^^

メニューのストアのところを見てみると、USBマップ・アップデートの有効期限もちゃんと2018/11/30と書いてありました^^
1

ようやく準備が整いましたので、マイサービスから地図更新ーUSBによる地図更新のページヘ移動します。
5

利用可能な地図バージョンが表示されています♪
Road Map JAPAN EVO 2015-2
うん?これって新しいの???って思いつつ続けました。

UpdateManagerは下のプログラムをインストールからダウンロードインストール可能です
私の環境はWindows8.1の64bitですが問題なくインストール完了しました。
Windows10でエージーさんは失敗したとのことでしたがセキュリティーツールの影響だったそうです。

その後デジタル地図をロードするをクリックするとdlconfig.bmwmファイルがダウンロードされBMWUpdateManagerで開くを選択します。
dlconfig

そうすると地図データのダウンロードが可能となります。
420 Evo 2015-02

車両の地図バージョンを確認すると
「Road Map JAPAN EVO 2015-2」となっており、現在の地図データと同じでした。。。
IMG_3838

EVOモデルはまだ最新は2015-2が最新で2016のマップデータはまだ出ていないようです><
ダウンロードしても意味がなさそうなので作業はここで中止しました^^;

ちなみにエジーさんは「Road Map JAPAN Next 2016」の最新が表示されているようで羨ましいです^^;
早く2016のEVOモデルの最新地図データダウンロードできるようにして欲しいです~

ということで残念ながらまた地図更新はおあずけとなりました。。。

まああとは最新地図データがでたらダウンロードしてF36にUSB挿して更新するだけなので
更新データが来たらUSBアップデートチャレンジしてレポートしますね♪

それでは、また!

関連リンク:
【BMW4シリーズグランクーペ】iDriveナビ3年間地図アップデート無料対象モデル!?USBマップ・アップデートも購入済みになっていました^^

BMW ConnectedDriveポータルサイト
My BMW ConnectedDriveログイン


COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By エジー

    Windows10でインストールできない件ですが、ウイルス対策ソフトが原因で、一時的にウイルス対策ソフトをオフにしてインストールすればWindows10でもインストール出来ました。

    • By evening_sky

      こんばんは(^^)
      コメント及び情報ありがとうございます(⌒▽⌒)
      セキュリティーソフトが悪さしてたんですね…
      記事修正しておきました
      とりあえず問題なくインストールできてよかったですね。
      私も地図データ2016がきたらアップデート試してみますね!
      usbから更新時にもトラップあるとは、最新レポートも参考になりました^^
      またよろしくお願いします(⌒▽⌒)

お気軽にコメントください^^

*

FACEBOOKでコメントする^^