BMW純正Mパフォーマンス・アラミド・アンテナカバーが流行りそう!アラミド繊維とカーボンの違いは?

BMW純正Mパフォーマンス・アラミド・アンテナカバーが流行りそう!アラミド繊維とカーボンの違いは?

こんばんは!
evening_skyです。

以前新型BMW4シリーズグランクーペ(G26)の記事で紹介したM Performanceパーツのカーボン製のシャークフィンアンテナカバーですが、

こちらWright Companyさんの記事によると炭素繊維(カーボン)製ではなくアラミド繊維とのことです(^^)

ちなみに炭素繊維(カーボン等)、アラミド繊維との違いを調べてみました。

こちらのサイトの記事が非常にわかりやすかったです。

アラミド繊維と炭素繊維の主な特性の違いは、導電性、耐摩耗性、電波透過性の3つだそうです。

① 導電性
  アラミド繊維は電気を通さない非導電体で、炭素繊維は導電体です。磁気に関しては、両方とも非磁性体です。
  これは、ロッドに加工しても同様です。
  電磁気環境を整えるのに、それぞれの特徴を生かし、使い分けることが必要と考えます。
② 耐摩耗性
  アラミド繊維は耐摩耗性が高い材料で、その特徴を生かし、手袋やタイヤコードなどに利用されています。
  炭素繊維の耐摩耗性は低いですが、切削性に優れることからFRP加工品に広く利用されています。
③ 電波透過性
  アラミド繊維は電波を透過するため、通信電波などの受信障害を防ぐ必要がある箇所での利用が考えられます。
  炭素繊維は電波を遮蔽します。

http://taf-rod.jp/about/p02.html

なるほどですね。

そもそもアラミド繊維自体知りませんでした(^_^;)

アンテナは電波遮断したくないので電波を遮断するカーボンではなくアラミド繊維を使ったんですね。

カーボン柄なのでてっきりカーボンだと思ってました^^;

このBMW純正 M Performance アラミド アンテナカバーですが、
3タイプあり、ほとんどすべての現行BMWモデルに適合するみたいです。

価格は、Mパフォーマンスパーツだけあって少しお高いですが、見栄えもよく、今後流行りそうなアイテムだなって思いました(^^)

BMW乗りの皆さん興味ありませんか?

それでは、また!

created by Rinker
BMW(ビー・エム・ダブリュー)
¥4,200 (2022/12/05 16:07:39時点 Amazon調べ-詳細)


studie

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By おたけんこ

    こりゃあ、欲しいなぁなんて思ったリンク先を見ましたが適合リストに入ってないです。i3。
    カーボンのルーフにセラミドのアンテナって結構いけてると思うのですが。。。

    • By evening_sky

      おたけんこさんへ
      こんにちは!
      コメントありがとうございます^^
      確かにiシリーズはi4とiX3のみですね・><
      i3は形状が違うんですかね?どれかのタイプでいけそうなきもしますが^^;
      カーボンルーフにセラミドアンテナはめっちゃ似合いそうですね♪
      またよろしくお願いします!

LEAVE A REPLY TO evening_sky CANCEL REPLY

*

FACEBOOKでコメントする^^