伝説の名車BMW Z8にM1!珍しい展示車両に大興奮でした♪【BMW Group Tokyo Bay】

伝説の名車BMW Z8にM1!珍しい展示車両に大興奮でした♪【BMW Group Tokyo Bay】

こんにちは!
evening_skyです。

お台場BMW GROUP Tokyo Bayにて開催された「M MODEL POWER CONTROL」イベントに参加した際にビーマーには魅力的な展示車両がたくさん並んでいましたが、非常に珍しいBMWのクラシックカーが2台展示されていたので紹介します。

まずは200年式の「BMW Z8」です。

スペックは
排気量4941cc、5L V8エンジン!
最高出力400ps/6600rpm
最大トルク51.0kgm(500Nm)
トランスミッションは6速マニュアルMT
サイズ4400mm☓1830mm☓1315mm
車両重量は1585kg

当時の車両本体価格は1650.0万円でした^^;

映画007シリーズ「ワールド・イズ・ノット・イナフ」にも登場した超希少な一台です^^

クラシカルな雰囲気に優雅さを感じるボディ!素敵ですね~

「BMW ALPINA ROADSTER V8」を見て感動したのを思い出しました

もう一台の旧車は「BMW M1」です。

こちらも非常に珍しい伝説の名車です。

BMWの市販車として初めてミドシップレイアウトを採用し「BMW Mモデル」のはしりとなりました。

1978年のパリサロンでデビューした「M1」ですが生産台数は399台で、BMWの歴史に残る希少のスーパースポーツカーとして人気が高くなかなかお目にかかれない一台です。

イタルデザインのジョルジェット・ジウジアーロのデザインが凄くイケてますね~^^

いや~、イベントのついでとはいえ非常に良いものを見せて頂きました♪

クラシックカーは2台でしたが広い展示スペースなので他にも珍しい現行モデルも展示されていました。

めったに見かけることがないBMW6シリーズグランツーリスモGTです。

しかもボディカラーがローヤル・バーガンディ・ブリリアント・エフェクトという希少カラー!
あずき色の個性的なボディ色ですね♪

展示車両は車両本体価格が918万、サンルーフなどオプション含めて956万円の展示車両でした。
次期モデルは出そうにないので希少車に乗りたい方には良いかもですね^^

高速試乗したBMW新型1シリーズのフラッグシップモデルM135i xDriveも展示されていました。

車両本体価格は630万円で展示車両はデビューパッケージ付きで648万円でした。

黒は締まって見えてよいですね~^^

シルバーなミラーもいい感じですね♪

118iも試乗したので両方の試乗記事もいずれ書きますね!

そとには珍しいレッドカラーの新型1シリーズ118iも置いてありました^^

若々しい1シリーズのイメージにぴったりなカラーですね♪

ちなみに現在お台場BMW Tokyo BayではBMW Z8、BMW M1に加えて、BMW 2002まで展示されていてもう少しで終了だそうなので気になるはお台場へGO!ですね♪

それでは、また!

シリトンブラックな限定車!新型3シリーズ「BMW 320d xDrive Citrine Black Edition」の展示車を見てきました^^【BMW GROUP Tokyo Bay】

圧倒的なオーラ!特別展示されていた「BMW M8 Competition」を見てきました【BMW GROUP Tokyo Bay】

お台場BMW Tokyo Bayで開催中の「#NEXTJOY」はBMW専用の東京モーターショー2019!!


お気軽にコメントください^^

*

FACEBOOKでコメントする^^