【BMW Z8 ALPINA ROADSTER V8編】稀代のアルピナオープンモデルを展示「BMW ALPINA Heritage Days」に行ってきました^^

【BMW Z8 ALPINA ROADSTER V8編】稀代のアルピナオープンモデルを展示「BMW ALPINA Heritage Days」に行ってきました^^

こんばんは!
evening_skyです。

稀代のアルピナオープンモデルを展示「BMW ALPINA Heritage Days」
前回はBMW Z1ベースの「BMW ALPINA Roadster Limited Edition – RLE」を紹介しましたが、

【BMW ALPINA Roadster Limited Edition(RLE)-Z1編】稀代のアルピナオープンモデルを展示「BMW ALPINA Heritage Days」に行ってきました^^

今回は個人的に一番カッコいいって感じたBMW Z8ベースのを紹介します♪

「BMW ALPINA ROADSTER V8」はBMW Z8をベースにしたスペシャルなオープンカーです^^
2003年のロサンゼルスモーターショーで発表、Z8の生産終了後の2004年7月から日本でも販売が始まりました。(2005年8月販売終了)

全世界で555台限定で生産されたBMW ALPINA ROADSTER V8は、ALPINAが実質上、北米市場に450台を参入した初めてのモデルであり、残る105台がヨーロッパと日本に割り当てられ、内18台が日本のごく限られたオーナーの元へと届けられた希少モデルになります。

この「BMW ALPINA ROADSTER V8」ですが、実際のオーナーの方から借りたモデルで特別に展示させてもらっているそうです♪

スペックは389馬力のV型8気筒DOHCエンジン4837ccを搭載。
トランスミッションは、ALPINA SWITCH-TRONIC付きのZF製5速ATでパドルシフトを装備。

世界で555台の限定販売であり、450台が北米に販売され、105台がヨーロッパや日本に割り当てられたそうです

エンジンなどメンテナンスもしっかり行われておりもちろん実際に走行もできて日常にも利用されているそうです^^
こんな素敵なオープンカーが街を走っていたら目を奪われるでしょうね~

じっくりと見ていきましょう!

フロントから
素直にカッコいいですね^^

アルピナブルーのALPINA ROADSTER V8美しすぎます♪

リアまわりも色気がありますね~

非常にスタイリッシュなデザインで見事ですね~

インパネ

アルカンターラのツートンシートは非常にオシャレで、程度も表示に良く大切に乗られてるのが見ただけでわかりますね~

刺繍も素敵です。

ブルーのアルピナアナログメーター♪

メーター内のアナログ時計がこれまたたまりませんね^^

美しいサイドビュー!

20インチホイールALPINA DYNAMIC 20

ちなみに、日本での新車販売価格は2,090万円でしたが、現状はプレミア価格で中古車で買ってもそれ以上の価格がつきますね。

どうでしたか?
写真だけでも素敵さを感じて頂けたのではないでしょうか^^

見てるだけで幸せな気分になれました^^

まさに稀代の至宝アルピナオープンモデルですね♪

次回最終回は、
■BMW Z4ベースの「BMW ALPINA ROADSTER S」
■ALPINA B4S Biturbo Cabrio
■ALPINA B6 Biturbo Cabrio-Edition 50

の3台を紹介して締めくくりにしたいと思います♪

それでは、また!

【BMW ALPINA Roadster Limited Edition(RLE)-Z1編】稀代のアルピナオープンモデルを展示「BMW ALPINA Heritage Days」に行ってきました^^

BMW ALPINA 3シリーズディーゼルD3 Bi-Turboとガソリン車B3 S Bi-Turboを試乗して比較してきました^^【前半・D3試乗レポート編】

アルピナへの憧れ^^現行F30,F31ベースのアルピナB3ツーリング、D3リムジンの中古車を妄想してみた^^;


お気軽にコメントください^^

*

FACEBOOKでコメントする^^