テスラ・モデル3を156万円約24%も値下げ!!主力ロングレンジAWDモデルが499万に!値下げ理由は?オンライン見積もりもしてみました。

テスラ・モデル3を156万円約24%も値下げ!!主力ロングレンジAWDモデルが499万に!値下げ理由は?オンライン見積もりもしてみました。

こんばんは!
evening_skyです。

テスラが主力モデルの「モデル 3」を価格改定してロングレンジモデルはなんと156万2000円値下げで499万円になりました(^^)

日本のテスラストアでは2/17付けで値下げが反映されています。
テスラモデル3は3グレード展開で
スタンダードレンジ プラス(シングルモーター)が
511万円⇒429万円(82万円引き)

ロングレンジ(デュアルモーター)が
655万2000円⇒499万円(156万2000円引き)となりました。

何故か最上級モデルのパフォーマンスは価格据え置きのままで、717万3000円となっています。
これは後で触れますが、理由があります。

テスラモデル3の値下げは今回が初で、しかも大幅な値下げにちょっと驚きました。

しかもピュア電気自動車なので
CEV補助金40万や自治体補助金
エコカー減税もかなり優遇されるので実質的にかなり安く買えますね(^^)

BMWだとi3、サイズ的は3シリーズ、こちらはPHVですが330eあたりが競合になるかと思いますが、
この金額だとテスラ3の魅力がかなり増しますね。

テスラの品質問題などもありますが、
充電設備なども問題ない方には愛車の選択肢として十分考慮に入ってくるのではないでしょうか^^

今回の値下げは、日本での販売台数が低迷気味なのでテコ入れといった側面もあるかもですが、
ちゃんと理由があり、

今回値下げした2モデルは日本へ出荷する工場をこれまでのカリフォルニア州フリーモント工場から上海工場へ切り替えているのが主要因のようです。

スタンダードレンジとロングレンジモデルは、新しく上海で稼働したギガファクトリーで製造され、
パフォーマンスモデルは北米工場での生産モデルになっています。

上海工場で製造されるモデルは搭載されるバッテリーはLFP(リン酸鉄リチウムイオン電池)というコストや耐久性、温度特性に有利だが、エネルギー密度や充放電性能が劣るタイプが採用されたとのことです。

航続距離などの性能を変えずバッテリーを買えて性能を維持させるために結構苦心したのではないでしょうか。

単純に北米からの輸送より上海からの輸送のほうがコストが安いのでそれを含めてトータルでここまで大幅な値下げを実現させたのは凄いですよね♪

基本輸入車は値上げはあっても値下げはほとんどなくしかも少しなのでテスラのようにわかりやすい形で
値下げして商品力を上げてきたのはほんとテスラらしいですし、他も見習って欲しいなあって思いました(^_^;)

今回スタンダードモデルと
本命のロングレンジモデルをオンラインで見積もりしてみました^^

ロングレンジモデルにオプションなにもつけないと大体509万円ですね。
これに諸費用や保険などが追加になりますが
エコカー減税で取得税、重量税などは免税なので乗り出し価格も安くなりそうですね。

しかもCEV補助金40万や自治体補助金は別途もらえるので実質400万になりますね。

ちなみに私が買うならロングレンジモデルで
ボディカラーはレッドでプラス25万円、
オートパイロットは標準装備ですが、


完全自動運転対応機能もつけたいので87万プラスで
購入価格621万円になっちゃいましたw

航続距離WLTPモードといえど580kmは素敵です。
これならロングドライブも十分実用に耐えますね。
ちまちま充電するのは嫌いなので航続距離はながければながいほどよいなあ^^

RWDのスタンダードレンジプラスモデルだと
航続距離は448kmですが、
価格は429万円は安いですね。
補助金40万だと乗り出し300万台でいけますね(^_^;)

ということでテスラ3今回の値下げで日本市場でも結構販売台数伸ばしていけそうな感じがします。
基本テスラはオンライン販売なので値引きゼロ、店舗で値引き交渉とかもないのでこの大幅値下げはかなり嬉しいですね。

万人向けとはまだいいがたいですが、一般的なクルマ好きのターゲットに入ってきたんじゃないでしょうか(^^)

それでは、また!

created by Rinker
¥633 (2021/10/22 02:22:06時点 Amazon調べ-詳細)


studie

お気軽にコメントください^^

*

FACEBOOKでコメントする^^