ALPINA B3 S Bi-Turbo試乗しました^^D3 Bi-Turboと乗り比べた結果、Myチョイスは?【D3,B3S試乗レポート後編】

ALPINA B3 S Bi-Turbo試乗しました^^D3 Bi-Turboと乗り比べた結果、Myチョイスは?【D3,B3S試乗レポート後編】

こんばんは!
evening_skyです。

今日はALPINA試乗会のレポート後半です。

前回はディーゼル・モデルのD3 Bi-Turbo試乗について書きましたので、

BMW ALPINA 3シリーズディーゼルD3 Bi-Turboとガソリン車B3 S Bi-Turboを試乗して比較してきました^^【前半・D3試乗レポート編】


今回はガソリン・モデルのB3 S Bi-Turbo試乗と両モデルを比較してのMyチョイスについて書きます。

今回の試乗会はニコル・オートモビルズの「Discover The Best of BMW ALPINA 3 Series」というディーゼル・モデルのD3 Bi-Turboとガソリン・モデルのB3 Bi-Turbo、B3 S Bi-Turboの3台の乗り比べ試乗会だったのですが、慣れた右ハンドル車2台D3 Bi-Turbo、B3 S Bi-Turboを用意して頂いたので、今回B3 Bi-Turboは試乗してません。

慣れない左ハンドル車で交通量の多い世田谷を試乗するのはちょっと不安もあったのとまあB3 S Bi-Turboを乗ればディーゼルとガソリンモデルの違いがわかるかなということで今回は2台を試乗させてもらいました。

BMW ALPINA B3 S BITURBO Limousineのスペックはこんな感じです。
総排気量 (cc) 2979
最高出力 (kW (PS) / 1/min) 324 (440) / 5500-6250
最大トルク (Nm / 1/min) 660 / 3000-4500
0-100 km/h加速 (s) 4.3
巡航最高速度 (km/h) 306
トランスミッション 8速・スポーツ・オートマチック・トランスミッション ZF 8HP70 SWITCH-TRONIC

ちなみに SなしのBMW ALPINA B3 BITURBO Limousineは
最高出力 410ps(301kW)/5500~6250rpm
最大トルク 61.2kg・m(600N・m)/3000~4000rpm
なので後期のSになってから出力が30ps,トルクが60Nmパワーアップされています。

ディーゼルのD3 Bi-Turbo試乗の余韻が冷めないままB3 S Bi-Turboの試乗となりました。

前回お伝えしたように試乗中の写真は無いので、アルピナが提供している公式画像を挟みながらすすめていきます^^;

B3 S Bi-Turboですが、見た目はD3と同様アルピナブルーの素敵なボディでした♪
D3との違いはこちらは20インチと1インチアップされています。
タイヤはMICHELIN Pilot Sport 2と同様です

エンジンが掛かっている状態で運転席に乗り込みましたが、アイドリング状態のエンジン音やマフラー音は比較的ジェントルな感じですね。
これなら夜間などでも近所に気に使うことも無さそうですね^^

試乗コースは同じく、玉川から第三京浜に乗って都筑でUターンして戻ってくる高速試乗です

高速に乗る前の市街地走行での感触ですが、D3のような溢れるようなトルク感は無いですが、踏めば踏んだだけ回るような加速感、素直なトルクは心地よいですね。
D3に乗ってなかったらB3Sのトルクすげーっってなってたと思いますw
車重を感じさせない加速感はディーゼル同様に感じられます。
B3からB3Sになって出だしの加速感が増したという声もあるようで、私自身比べてないですが、確かにストレスを感じないトルクだとおもいます。
多分私ならB3でも何も不満は感じないでしょうが(笑

市街地はまずコンフォートモードで試しましたが、乗り心地もよく、静かという感じで段差なども軽くいなしてくれるし凄く快適ですね。
アクセルのレスポンスも滑らかで絶妙なセッティングですね。

ZF社の8速スポーツ・オートマチック・トランスミッションの出来はディーゼルと同様秀逸で、スムーズで自然な変速フィーリングは気持ち良いです。
ディーゼルはアクセルを踏んで加速が滑らかであっという間に速度が上がっているイメージでしたが、
ガソリンモデルは、アクセルの具合ととリンクしてエンジンが回るイメージが心地よいです。

6気筒のガソリンエンジンの出来はほんと素晴らしいスムーズになめらかに吹け上がるエンジンは極上です^^
アクセルは踏めばどこまでも加速していきそうな印象を感じました。

D3のときは帰り道をスポーツモードにしましたが、ガソリンモデルは行きからコンフォートとスポーツモードを切り替えながら高速を走ってみました。
コンフォートモードの加速はジェントルで静かでいつの間にかスピードが上がってる感じでしたが、
スポーツモードはパワーを感じさせますがMモデルよりは荒々しくないですが、非常に力強いパワー感ですしアクラポビッチマフラーが心地よい音色を奏でてくれます。
パドルシフトにあたるスイッチトロニックボタンでギアを落としてエンジンを回してあげると非常に気持ちがいい排気音とフィーリングはたまりません。
D3と比べてスポーツモードでの違いがより大きいなって感じました。

サスペンション足回りですが、D3と味付けはほぼ同じに感じます。
若干ロールは許す感じで、硬すぎないのですが、コーナーを気持ちよく駆け抜けることができます。
今までは足回りは硬いほど落ち着く感じでしたが、ほどよくロールさせてもここまで安定させて上手く処理してくれる足は今までに感じたことがないです。
第三京浜のそれなりの凹凸もスマートに処理してくれます。

帰りもほぼスポーツモードで楽しませてもらいました。
アクラポビッチマフラーから聞こえるエキゾーストノートもコンフォートモードから一変して快音を聞かせてくれます。

スポーツモードで回してあげると高速でのスムーズな加速感はたまらないですね。
しかも速度をあげてもリラックスして乗っていられるのは不思議な感覚です。
加速に伴う車内に入り込むサウンドは控えめで普通に会話ができるレベルです。

今回ディーゼルのアルピナD3とガソリンモデルのB3S両方試乗させてもらいましたが、ほんとどちらのモデルも素晴らしいクルマですね。
どちらを所有しても満足度は非常に高いと思いますし所有できる方は幸せでしょうね^^

それぞれのモデルを一言で言うとディーゼルのD3は、滑らかな乗り心地と静寂性、スムーズな加速、低速からの溢れるようなトルクと乗りやすさはアルピナらしい乗り心地を体感できる非常に素晴らしい一台だと思いますし、
ガソリンモデルは、ディーゼルと比べると少しスポーツよりで、エンジンを回す歓びを感じながら乗り心地の良さも楽しめる素敵な一台だとおもいます。

どちらも試乗してみて両者ともクルマとドライバーの一体感を感じられる素晴らしいクルマだと思いました。

営業さんのお話ではB3とD3の販売比率は半々ぐらいとのことですが、ほんと甲乙つけがたい出来ですが、
実際に乗ってみると味付けが異なるので何を重視するかによりおのずと決まるかとおもいます。
逆に試乗しないで決めるのはかなり難しいと思います。

両方欲しいですが、あえてどちら1台選ぶとしたら私はガソリンモデルの「Alpina B3 S Bi-Turbo」を選びます。

距離を乗るならディーゼルモデルのほうが良いですし、怒涛のトルクで街乗りから高速まで非常に扱いやすいD3は魅力的で静かで速いし、乗り心地もディーゼルモデルに軍配があがると思いますが、私的にはガソリンエンジンのアクセルとリンクして回転数が上がっていくフィーリングがやはり好きですね。

ということで速いだけでなく、リラックスしても乗れる車としてアルピナはとても貴重なモデルだと思います。

M3と比較するとそれはそれでまた悩ましいですが、M3の爆発的な加速フィーリングはレーシングスポーツカーに近いイメージで、
アルピナは乗り心地を優先しながら速さも楽しめるクルマで、クルマに刺激や興奮を求める方にはM,乗り心地を損なわず駆け抜けたい方にはアルピナという感じでうまく差別化できてるなあっておもいます

また今回担当頂いた営業さんから感じたのはアルピナ愛でした。
短い時間でしたが、アルピナの素晴らしさを伝えることを楽しそうにお話してくださり、
売ろうというのではなく、アルピナを知ってファンになってほしいという感じで非常に好感が持てました。
今回貴重なアルピナの試乗をさせて頂きほんとありがたかったです。

帰りはアルピナブックをお土産に頂き帰宅しました^^


私もいつかアガリのクルマとしてアルピナを所有してずっと乗り続けるのを目標としてがんばりますw

あと、カーナリズムさんで書いた最新記事が公開されたのでよろしければご覧ください^o^/

それでは、また!

BMW ALPINA 3シリーズディーゼルD3 Bi-Turboとガソリン車B3 S Bi-Turboを試乗して比較してきました^^【前半・D3試乗レポート編】


COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 4 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By Rochester

    こんにちは!前編からの早々の更新ありがとうございます。
    私の試乗も同じ組み合わせで、D3はホワイト、B3Sはアルピナブルーでしたのでディーゼルの方はevening_skyさんの試乗車とは個体が違うものだと思います。
    私の場合、元々はD3目当てだった今回の試乗でしたが、最終的にはガソリンエンジンのB3Sを気に入ってしまいました。
    21インチにも関わらず普段使い出来そうな快適性に加えて、その気になればアクセルを踏み込むだけで2500rpm付近からshutterが開いてアクラポマフラーから奏でる快音、レッドゾーンまでしっかりスムーズに回るエンジンは楽しいの一言です。
    これでワインディングも走ってみたいですね。

    • By evening_sky

      Rochesterさん、こんにちは!
      こちらこそコメント頂きありがとうございます^^
      Rochesterさんのチョイス気になっておりました♪
      D3がお目当てでしたか^^
      D3はホワイトだったんですね!ということは違う個体ですね。
      試乗会ということで複数台用意してたんでしょうね!
      最終的にはB3Sをチョイスされましたか!同じチョイスですね♪
      D3とB3Sどちらも素晴らしい完成度で半々の販売台数わかる気がします。どっちが良いではなくてどっちが自分のフィーリングにマッチするかですね^^
      D3も非常に快適で乗り心地もよく魅力的でしたが、アクセルの踏み込みと連動するエキゾーストノートにしびれました^^
      同じくワインディングも走ってみたいです!
      引き続きよろしくおねがいします~^^

  2. By Rochester

    すみません、20インチの間違いです汗

    • By evening_sky

      わざわざ訂正ありがとうございます^^
      20インチなら同じ試乗車ですね♪

お気軽にコメントください^^

*

FACEBOOKでコメントする^^