新型BMW3シリーズツーリングディーゼル試乗しました♪首都高試乗インプレッション!【BMW 320d xDrive Msport(G21)】

新型BMW3シリーズツーリングディーゼル試乗しました♪首都高試乗インプレッション!【BMW 320d xDrive Msport(G21)】

こんばんは!
evening_skyです。

今回は前回の内装外装のインプレ続いて肝心の試乗インプレッションです^^

BMW Group Tokyo Bayでは今まではTokyo Bay周辺を2周する短い試乗コースが定番でしたが、最近試乗コースがリニューアルされて3パターンから選べるようになりました。

1つめが
・お台場エリア試乗
ベーシックなお台場エリア

こちらは今までのお台場周辺の試乗コースでカジュアルに試乗して車の感覚を試したい方向けですね。

2つめが
・高速試乗
首都高速を台場ICからレインボーブリッジを渡り、箱崎を経由して有明ICへと至るルート
高速域での走行安定性や力強い加速、俊敏なハンドリングを試すことができます。

こちらは試乗車で高速道路の試乗ドライブを楽しむことができます。
高速料金は自分持ちなのでETCカード持参が必要ですね。現金でも支払いできるのかな?

最後は
・ワンアワートリップ
ベイエリアを離れ東京の街を経て羽田空港周辺へと向かう1時間の「小さな旅」
信号の多い道でのストップ&ゴーや、混雑した道でも走りに安定をもたらす運転支援テクノロジー
運転状況に近いシチュエーションで最先端のドライビングを体感

とこちらも市街地中心ですが約1時間のドライブを楽しむことができてなかなか魅力的なコースですね。
羽田空港周辺も通るので道によっては空いてて走りやすい印象です。

私は新型1シリーズF40試乗時、M135iが高速試乗、118iがワンアワートリップを試しましたがどちらも非常に良い感じでした。
時間的にはワンアワートリップが長くてより楽しかった感じです。

ということで今回はどうしようかなって悩みましたが、ディーゼルエンジンの高速道路でのレスポンスを確認してみたかったので高速試乗コースをチョイスしました。

それにしてもこのBMW Individual「オキサイド・グレー」素敵なカラーです^^

試乗車のグレードは一番の売れ筋になりそうな
「BMW 320d xDrive Touring Mスポーツ」です。

価格は¥6,660,000とxDrive、ツーリングボディ、Mスポーツと320i Mスポーツと比べて約50万円高くなります。

オドメーターは新車おろしてたての300kmちょっと。
BMW 320d xDrive M スポーツ

明るいブラウンなシートカラーも素敵です

車両重量は1730kgとワゴンボティ、xDriveの4駆とディーゼルの重量増がきいてますね。。
セダン比でも1680kgから50kg増えてます。

FRの320iツーリングが1610kgなので120km増,330iツーリングが1690kgと比べてもスペックだけだと重さを感じます。

エンジンのスペックは直列4気筒ディーゼル・エンジン、最高出力190PS(140kW)/4,000rpm、最大トルク400Nm/1,750 -2,500rpm
と低回転から最大トルクを感じられるのでディーゼルらしい動き出しから反応のよいストレスフルなエンジンに仕上がってますね。
ただエンジンが4000回転で頭打ちなのが少し気になりますがその辺りは高速試乗でどう感じられるかチェックしました。

高速までの道中ですが、まず感じたのは静寂性の高さですね。
運転している限りディーゼル特有の振動やガラガラ音などは特に感じませんでした。
アコースティックガラスを採用しているからか社外の音や風切り音などもできる限り遮断してくれており社内での会話もクリアで5シリーズ寄りのラグジュアリー感がありますね。
普通に乗ってるとガソリンエンジンってわからない人も多いかも。

ボディサイズも全長4715 全幅1825 全高1440mm
なので扱いやすいサイズですね。
5シリーズと比べると一回りコンパクトさがあり駐車場や狭い道路なども楽そうです。

高速道路に入ってから空いていたのでそれなりにアクセル踏んでみましたがやはり低回転からのトルクがあるのでツキもよく回していくとガソリン車に近いようなリニア感ある気持ちよさもありますね♪
ディーゼルエンジンの楽しさでいうとBMWのディーゼルエンジンはほんと優秀で頭一つ抜けていると思います^^

4000回転からは頭打ちになりますが首都高などだと意図的に回さないとなかなかそこまではいきませんし、SPORTモードでも4000まで回ればかなり楽しい走りができます。
実用域で不満を感じることはほぼないのではと思います。

トルクが十分あるので高速域での速度調節も楽なのも良いですね^^

セダンを乗ったときも感じましたが低回転域と高回転域で切り替わる2ステージ・ターボ・システムが低回転域ではトルク十分な走りを楽しめ、高回転域ではガソリンエンジンのように回して楽しく仕上がっています。

走った感じツーリングは前後重量配分は48:52なのとxDriveの接地感で多少セダンと比べると後ろが若干ヘビーな印象がありますが、4WD的な感じはしません

ハンドリングもスポーティーで、コーナーで思ったイメージでノーズが動いてくれます
xDriveは前後駆動力配分を可変するシステムなので、通常は前後がほぼFRに近い駆動力配分になり、カーブなどでいい感じにフロントにトラクションをかけてくれいるようでよくできると思います。
FRと比べるとカーブの侵入や挙動などイメージが若干違う感じはしますが慣れる感じがしますし、より接地感が強いので安定感は高くウェットなどのコンディション時は安心して走れそうですね♪

あえて気になる点をあげるとすれば19インチホイールだったので少し凹凸をひろいやすく固めな印象もありましたがこれはこれで好みの方もいるかと思います。個人的には19インチとして考えるなら及第点かなとおもいました。
あとは重量がそれなりにあるので軽快感は薄いですがそもそもツーリング4WDモデルなので峠を攻めるような走りをするわけではないですし、ワインディング、ロングドライブなどでは楽しく走れる仕上がりになっているのでとても完成度が高い感じがしますね。

何度か新型3シリーズは乗っていますが、5シリーズに近づいた静寂性や乗り心地に加えて、ミシリとも言わない剛性感の高さ、ハンドリングの正確さとシャープさ、走行の安定度、コーナリングでのロールの少なさなどやはり完成度高いなあと再実感しました

初期の新型3シリーズセダンG20を乗ったときの剛性感高いシャーシ性能や遮音性など結構感動しましたが、少し熟成も進んでさらに良い車になった印象があります。

ということであっという間の高速試乗でしたが、十分以上に「BMW 320d xDrive Touring Mスポーツ」の良さを感じることができました。

3シリーズ買うならやはりセダンも良いですが、個人的に買うならこのディーゼルエンジンの320dツーリング xDriveかなりポイント高いかなって思います。

この「オキサイド・グレー」のボディカラーもあいまって気に入ってこのままお持ち帰りしたくなっちゃいました^^

ということで3シリーズを検討されている方やディーゼルモデルを検討されている方にはこの320dツーリング一度試乗してみて欲しいですね。
気にいる方は多いんじゃないでしょうか^^

それでは、また!

【試乗レポート】新型ディーゼルエンジンのBMW3シリーズ「320d xDrive M Sport」(G20)に試乗してきました♪

新型BMW3シリーズツーリング[320d xDrive M Sport](G21) 初期生産モデル限定のデビュー・パッケージの展示車を見てきました^^【BMW GROUP Tokyo Bay】

BMW新型3シリーズセダン(G20)のディーゼル車の日本導入はxDriveのみ!導入時期、価格は?



studie

お気軽にコメントください^^

*

FACEBOOKでコメントする^^