BMWの手放し運転機能「ハンズ・オフ機能付き渋滞運転支援システム」が既に解禁済み!新型3シリーズなどにすでに有償アップデート対応中!価格は?

BMWの手放し運転機能「ハンズ・オフ機能付き渋滞運転支援システム」が既に解禁済み!新型3シリーズなどにすでに有償アップデート対応中!価格は?

こんばんは!
evening_skyです。

BMWが国内モデル初の手放し運転機能「ハンズ・オフ機能付き渋滞運転支援システム」を夏に導入予定とのことで当ブログでも何回か記事にしてきましたが、

BMWが国内モデル初の手放し運転機能「ハンズ・オフ機能付き渋滞運転支援システム」を夏に導入予定!どんな機能?対応車種や現行車種にも後付けできるの?

【続報】日本初手放し運転「ハンズ・オフ機能付き渋滞運転支援機能」は作動条件は速度は60km/h以下、位置情報にて判断。既存新型3シリーズには有償でアップデート対応

BMWディーラーでは既にアップデート対応を受付中とのことで、BMW新型3シリーズ330i(G20)をハンズオフアップデートされているかたもいらっしゃるみたいですね^^

ディスプレイ中央のメーターの設定画面にAssisted Drive Viewのメニューが追加されて利用できるようにるみたいです。

工賃は一万円とかなりリーズナブルだなって思いました。
まあ今後出荷される新型モデルには標準装備されるでしょうからそれを考えると妥当かもしれませんね^^

あと上記リンクで気になったのは一般道路でもACCで追従して一時停車した場合時間が経っても自動で再発進するようになったとのことで、これが事実ならアクセルやレジュームスイッチを再度押す必要もなくなりかなり運転が楽になりますね
いままでも3秒くらいの停止なら再発進してくれてましたが赤信号で完全停止してからも再始動してくれるようになるのならかなりストップ・アンド・ゴー付きACCの利便性もアップしますね。

ちなみに、「ハンズ・オフ機能付き渋滞運転支援システム」対応モデルは3眼カメラ対応の今年のモデルの新型BMW 3シリーズ、 BMW 7シリーズ、BMW 8シリーズ クーペ、BMW 8シリーズ カブリオレ、BMW X5、BMW X7などが対応なので、残念ながら私のG31は対応してないです><

位置情報を取得して高速走行のみで利用できるこのハンズオフ機能ですが、50km/h以下と制限はありますがお盆の大渋滞のこの時期には重宝しそうですね♪

該当車種にお乗りの方でハンズオフ機能を追加したい方はディーラーへ作業予約しないとですね^^

それでは、また!

BMWが国内モデル初の手放し運転機能「ハンズ・オフ機能付き渋滞運転支援システム」を夏に導入予定!どんな機能?対応車種や現行車種にも後付けできるの?

【続報】日本初手放し運転「ハンズ・オフ機能付き渋滞運転支援機能」は作動条件は速度は60km/h以下、位置情報にて判断。既存新型3シリーズには有償でアップデート対応

BMWの世界初ハンズ・オフ機能付き(ハンズフリー)渋滞時運転支援の清水和夫氏の試乗レポート動画がわかりやすい^^


お気軽にコメントください^^

*

FACEBOOKでコメントする^^