JEEPラングラーとレネゲードの展示車を見ました^^最近ジープが好調な要因は?

JEEPラングラーとレネゲードの展示車を見ました^^最近ジープが好調な要因は?

こんばんは!
evening_skyです。

今日ガソリンスタンドに給油に行ったら、JEEPのデモカーが置いてありました^^

JEEPディーラーには行ったこと無くなかなかJEEPを見られることはないのでじっくり観察しましたw

まずはJEEPラングラー!

ラングラーは2019-2020日本カー・オブ・ザ・イヤーのエモーショナル部門賞を受賞したように無骨で本格はSUVの代名詞のようなクルマです♪

価格は

新車で車両本体価格576万円と、堂々たるボディの高級SUVにしてはお買い得な価格設定ですよね♪

グレードは見なかったのですが、
WRANGLER UNLIMITED SAHARA 3.6ℓターボかも。

続いては

JEEP・レネゲード

JEEP最小のスモールコンパクトSUVですね^^

グレードはRENEGADE LIMITED
で価格は362万円とこちらも輸入車としては手を出しやすい価格設定ですね♪

ちなみにジープのラインナップと価格帯はこんな感じです。

■JEEPのラインナップと価格
・レネゲード(299万~387万円)
・コンパス(329万~427万円)
・ラングラー(490万~612万円)
・チェロキー(437万~483万円)
・グランドチェロキー(499万~699万円)

昨日、2020年04月輸入車新車販売台数の記事でもジープは7位でコロナの影響を他メーカーに比べてあまり受けてませんし、

昨年は販売台数前年比116%で1万3354台を販売し日本市場でBMWなどのドイツ勢、ボルボに次ぐ7位にランクインするなど存在感を出しています。

日本におけるジープの市場はグローバルでの約4割とJEEPにとっても日本は無くてはならない大事な市場となっています。

どうしてこんなに近年JEEPが売れてる理由としては、他の輸入車に比べて比較的安めの価格設定ですが、個性的で本格的なSUVモデルを販売しておりSUV人気に押されてここまで伸びて来たんだろうなあって思います。

しかも最近デザインがとてもカッコよく、私もデザイン的に惹かれるモデルがどんどんでてきており性能とデザイン、価格の総合力で非常に市場価値の高いクルマを提供できるようになってきたのが大きいのではと感じます。

レネゲードは299万と300万円を切る価格設定から用意されておりデザインもオシャレ感もあるのでそれは売れるだろうなって感じです。

ちなみに先月2020年4月18日発売になったばかりの

Grand Cherokee Trailhawkなんてかなりイケてますね。
グラナイトクリスタルメタリックというガンメタカラーもめちゃカッコいいです^^

うちの車庫には入りませんが、フラッグシップのグランドチェロキーの限定車で6,740,000円はお買い得感ありますね。

□右ハンドル □(全長)4,835mm×(全幅)1,935mm×(全高)1,805mm □乗車定員:5名
□V型6気筒 DOHC □総排気量:3,604cc □常時4輪駆動 □電子制御式8速AT □無鉛レギュラーガソリン

同じく100台限定の特別仕様車「Compass Trailhawk」のグレーマグネシオメタリックボディカラーも素敵ですね♪

価格も4,220,000円とこちらも値ごろ感ある価格設定が良いですね^^

□右ハンドル □(全長)4, 410mm ×(全幅)1, 810mm ×(全高)1, 665mm □乗車定員:5名
□直列4気筒 マルチエア 16バルブ □総排気量:2,359cc □4輪駆動(オンデマンド方式) □電子制御式9速AT □無鉛レギュラーガソリン

こちらはサイズ感も大きすぎずこれならうちの車庫にも入りそうです

今のライフスタイル的にオフロード走行やアウドドアなどにあまり縁がないのでJEEPを買うことは無いでしょうがクルマ好きとしてはこういった個性的なクルマには惹かれますね^^

あと一緒にフォルクスワーゲン・パサートTDIハイラインの認定中古車も展示されていました。
以前はパサートって地味すぎて誰が買うんだろうって思うくらいでした^^;
パサートもアルテオンみたいなフロントデザインになってカッコよくなりましたね♪

こちらも318万円とかなりお買い得感ある販売価格でした^^

それでは、また!


お気軽にコメントください^^

*

FACEBOOKでコメントする^^