VW新型ゴルフ8が世界初公開されましたが現行モデル600台限定の最強「Golf GTI TCR」が魅力的すぎます^^;

VW新型ゴルフ8が世界初公開されましたが現行モデル600台限定の最強「Golf GTI TCR」が魅力的すぎます^^;

こんばんは!
evening_skyです。

先日Cセグメントの永遠のベンチマーク8代目の新型ゴルフがワールドプレミアされましたね。

デザイン的にもスッキリしていますがなかなかスタイリッシュにまとまっていますね!

シャープな前後ライトや薄型フロントグリル採用でライバル車の新型BMW1シリーズよりスタイリッシュな感じがします^^;

パワートレインも48Vシステムのマイルドハイブリッド仕様の「eTSI」を、フォルクスワーゲンとして初めて採用してきました

その他インテリアの質感も高くデジタル液晶メーターパネルやタッチパネル式ディスプレイ、ヘッドアップディスプレイを採用したりとかなり気合を感じます。

2019年12月からドイツでまず販売がスタートして、日本市場に導入されるのは2020年後半以降となる見込みとのことです。

ということで現行ゴルフの熟成された最終モデルの特別仕様車などがどんどん発売されそうですね♪

そんな中、フォルクスワーゲン・ゴルフGTI TCRのストリートバージョンである『ゴルフGTI TCR』を発表してきました!

ちなみに車名の「TCR」とは、

ツーリングカーレースの「TCRシリーズ」からきています。
欧州を舞台にしたレースシリーズをはじめ、アジア選手権も開催。
プライベートチームのみによって争われ、レース好きのドライバーたちがハイレベルなモータースポーツの世界を心ゆくまで楽しんでいます。
2019年からは日本でも「TCR ジャパン シリーズ」がスタート。
ゴルフ GTI TCR(レーシングカー)も出走しています。

パワートレインは現行のゴルフR用の2.0LTSIエンジンをベースに、専用チューニングによって改良され290馬力!

さらに電子制御油圧式フロントディファレンシャルロックや大径ブレーキディスクを装備。

最強のアクラポビッチ製のチタンエキゾーストは見た目も音も最高でしょうね♪

外装もブラックにペイントされたディフューザーやサイドスカート、前後スポイラー、マットブラックの専用19インチアルミホイール、そしてTCRのロゴが装着されており、ひと味ちがうオーラがただよっています

しかもこのストリートバージョンのゴルフGTI TCRはWTCRに現役で参戦し、ニュルブルクリンクではゴルフGTIを駆りレコードも樹立したベンジャミン・ロイヒターが1年半も開発に携わっていたというのも凄すぎます!

こんな全部入りのゴルフGTI TCRですが、車両価格は509万8000円と価格的にもかなりお買い得な価格で出してきました!

既に25日から受注が開始され、限定販売台数は600台。


納車は11月以降が予定されているとのことですがこの全部入りのGTI TCR価格的にも非常に魅力的ですぐに完売しちゃうんじゃないでしょうか^^;

TCR専用のボディカラーのピュアグレー良いですね^^
しかもブラックルーフ!
鉄板のピュアホワイトも悪くないですが^^;

何気に買い替え時期だったらちょっと私も考えたかもしれません。

ということで気になる方はフォルクスワーゲンディーラーへGO!ですね♪

それでは、また!

BMW新型「1シリーズ(F40)」を「BMW GROUP TERRACE」で見てきました♪写真付きレポート!

外車国内車種モデル別新車販売台数ランキング2016年トップ20を振り返る!不動の1位のVWゴルフが初めて2位に転落し、1位は?

VW新型車アルテオンに試乗してきました^^内装外装チェックや試乗レポート♪


お気軽にコメントください^^

*

FACEBOOKでコメントする^^