【続報】新型3シリーズのハンズ・オフ機能アップデート時のACC完全停止後の自動再発進挙動について^^

【続報】新型3シリーズのハンズ・オフ機能アップデート時のACC完全停止後の自動再発進挙動について^^

こんばんは!
evening_skyです。

先日、BMWの手放し運転機能「ハンズ・オフ機能付き渋滞運転支援システム」が既に解禁済みで有償アップデート対応中って記事を書きました。

BMWの手放し運転機能「ハンズ・オフ機能付き渋滞運転支援システム」が既に解禁済み!新型3シリーズなどにすでに有償アップデート対応中!価格は?

そもそも「高速道路渋滞時ハンズ・オフ・アシスト」機能ですが、

作動条件は速度は60km/h以下、高速道路、前車追従状態という3点が揃っている必要があります。

激混み渋滞時は重宝しそうですが、通常の高速走行時は使えない機能なので不要に思われている方も多いかもしれません。

しかしこのハンズオフアップデートでの個人的な目玉機能は「ストップ・アンド・ゴー付きACC」もアップデートされることです。

前回の記事でも少し触れましたが、一般道路でもACCで追従して一時停車した場合時間が経っても自動で再発進するようになったのは非常に魅力あると思います。

今までは停止後3秒以内に前車が動き出すと自動で追従開始してくれてはいましたが、信号の多い日本の道路事情で停止から3秒ですすめることのほうが少ないのでアクセルかレジューム(RES)を毎回押して再発進ってことがほとんどでした。

そのアクセルかRESボタンを押す作業が不要になるのはかなりストレスフリーだと思います。

みんカラのG20乗りのお友達Aさんもアップデート後やはりACCが上記の動きにバージョンアップされていたそうなのでサイレントアップデートはうらやましですねw

ちなみに前方を見ていることが条件だそうで、メーター内のカメラで前方をちゃんと見ているのかを判定している感じですね。

メーター内のカメラなんてホントいるのって思ってましたが、こういうのに判定するのなら確かに必要ですね。

なので3眼ついていないモデルではACC自動再発進機能はコーディングとかも無理そうですね^^;
私もACC再発進アップデートだけでもつけたいですがG31にはメーター内の監視カメラなどもなさそうなのでなので残念ながらアップデートは無理そうですw

それでは、また!

【続報】日本初手放し運転「ハンズ・オフ機能付き渋滞運転支援機能」は作動条件は速度は60km/h以下、位置情報にて判断。既存新型3シリーズには有償でアップデート対応

BMWの手放し運転機能「ハンズ・オフ機能付き渋滞運転支援システム」が既に解禁済み!新型3シリーズなどにすでに有償アップデート対応中!価格は?

BMWの世界初ハンズ・オフ機能付き(ハンズフリー)渋滞時運転支援の清水和夫氏の試乗レポート動画がわかりやすい^^


COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By hitomin

    私がお世話になっているディーラーはまだ準備中だそうです(笑)

    このお盆休みの移動中に渋滞にはまって何度もACCを使いましたが、確かに自動で再発進してくると便利でしょうね。
    ただ、制御の細かさ、自然さなどは最新型を搭載しているはずののG20でもメルセデスに一歩譲るかな、と
    感じるところもありました。このあたりはハードウェアでなく、ソフトの問題のような気がします。

    • By evening_sky

      hitominさんへ
      こんにちは!
      ディーラーによってはまだ準備中なんですね^^;
      お盆に間に合ってればよかったのですが^^;早く準備が整うとよいですね!
      RESボタン押すのも何気に面倒ですからこれを押さなくてよくなるのはかなりストレスフリーですよね^^
      やはりメルセデスその辺はさすがですね~
      何にせよG31よりG20のほうが一歩進んだ制御なので羨ましいですw
      またよろしくおねがいします!

お気軽にコメントください^^

*

FACEBOOKでコメントする^^