2018-2019日本カー・オブ・ザ・イヤーでボルボ「XC40」が戴冠した理由。

2018-2019日本カー・オブ・ザ・イヤーでボルボ「XC40」が戴冠した理由。

こんばんは!
evening_skyです。

先週私が沖縄旅行に行っている間に、2018-2019日本カー・オブ・ザ・イヤーのイヤーカーが発表されていました。

沖縄旅行!BMW MINIミニクーパーSコンバーチブルをレンタカーしてオープンドライブを満喫してきました^^おすすめドライブコースも紹介


最終結果は以下の通りとなりました。

【2018-2019日本カー・オブ・ザ・イヤー 最終選考結果】
1位 ボルボ XC40 363点
2位 トヨタ カローラスポーツ 314点
3位 VW ポロ 197点
4位 トヨタ クラウン 170点
5位 三菱 エクリプスクロス 156点
6位 マツダ CX-8 111点
7位 アルファロメオ ステルヴィオ 106点
8位 BMW X2 47点
9位 クラリティPHEV 36点
辞退 スバルフォレスター

【部門賞】
■イノベーション部門賞(環境、安全その他の革新技術を持つクルマ)
ホンダ クラリティPHEV

■エモーショナル部門賞(秀でたデザイン、ドライブフィールなどを持つクルマ)
BMW X2

■スモールモビリティ部門賞(軽自動車、将来的には超小型モビリティを含む)
ダイハツ ミラトコット

「10ベストカー」ではBMWではX2が残っていましたが、流石に戴冠はキツイだろうなって思っていましたが、47点でスバルフォレスターは辞退していたので8位と実質ブービーでした。

エモーショナル部門賞を獲得できたのは嬉しいですが、同セグメントのXC40との点数の差は正直かなり開いたなあって思います。

X2は試乗でもよくできていたと感じましたし、デザインも好きなので売れてほしいなあって思いますがX1の方に流れているんでしょうね。

BMW新型車「X2 xDrive20i Msport X」に試乗してきましたので感想など^^アルピン・ホワイトなボディカラーもチェック!

元々偶数モデルはニッチなので爆発的には売れないでしょうが、正直あまり街でも見かけませんし、販売は苦戦しているようですね。
海外では発売しているディーゼルモデルを入れて欲しいところですが、今のところ予定はないようなので今後も厳しいかもしれませんね。

BMW新型X2の日本導入モデルはやはりガソリンモデルのみ!理由は・・・

カーオブザイヤーに話を戻しますが予想では、クラウンが獲得するんじゃないかなあって思っていました。

今年の日本カーオブザイヤー27エントリーから10ベストカーが決定!最終結果を予想してみる


ボルボは昨年XC60で獲得したし2年連続は無いだろうなって思ってましたが、まさかのボルボ車が2年連続とは恐れ入りました^^;

授賞理由は

日本の道路環境にちょうどいい扱いやすいサイズで、カジュアルかつスポーティなスタイリングを実現。インテリアは上質な北欧デザインで収納スペースも充実していて機能性も高い。そして走行フィールはスポーティさと快適性をきわめて高いレベルで両立したもので、気持ちよくドライビングを楽しめる。さらに高度な安全装備を全車標準しているところも高く評価した。

だそうです。

審査員方がの評価コメントでも絶賛されていますね。
「ボルボ XC40」に10点を入れた自動車ジャーナリストの方々のコメントを紹介します。
(敬称略)

■青山 尚暉
【ボルボ XC40】
ボルボXC40は日本の路上でも大きすぎないサイズを持ち、内外装はカジュアルさ とスカンジナビアデザインの上質さを見事に融合。特にツートーンカラーのエクス テリアは魅力的。豊富な収納は日本車も見習うべきアイデアが光り、ラゲッジの折り畳み式フロアボードによる使い勝手も抜群である。エンジンは2種類用意されているが、どちらも静かに回り、加速が上質で気持ち良く、タイヤサイズを問わず乗 り心地はマイルドで心地よさ満点。ベースグレードから標準装備される、世界最先端の先進安全支援機能による絶大なる安心感、安全性能も大きな魅力。誰にでも薦め たい、どころか自身が欲しくなるほどの、日本にジャストなコンパクトSUVである。バックオーダーを多く抱えているのも納得であり、今年もっとも輝いたクルマのように思え、評価した。

■石井 昌道
【ボルボ XC40】
新世代のボルボは乗り味、デザイン、先進安全装備などがハイレベルで魅力的だが、コンパクトなXC40でも上級クラスとかわらない。乗り味は、いたずらにスポーティを追いすぎることなく、リラックスしてドライブできるところに好感がもてる。それでいて操縦安定性もしっかり確保されていて、新規プラットフォームの初出ながら完成度の高さをうかがわせる。インテリアでは、収納系の細かな使い勝手にも配慮した造り込みがなされて、ただデザイン・コンシャスというわけではない。インテリセーフの全車標準化も評価に値する。

■石川 芳雄
【ボルボ XC40】
個性的なエクステリアデザインをまず評価しました。全幅と全高は大きめに、全長を短めとすることでコンパクトさを表現したフォルム。ブルドックをモチーフとした個性的で愛らしいフロントマスク、キックアップさせたCピラーがユニークなサイドプロフィール、豊富なカラーラインナップなど多彩な魅力を備えています。キャビンスペース/ラゲッジスペース共に十分な余裕を備えている上に、室内の各部に収納スペースを豊富に用意するなど、実用性に対するキメ細かい配慮が行き届いている点もユーザーにとっては大きな魅力となるはずです。走りでは、小型車向けの新しいプラットホーム「CMA」の非凡な仕上がり印象的でした。19インチタイヤ&ホイールを余裕で履きこなし、しっとりとした快適な乗り心地を実現しているあたりに、基本骨格の強靭さを感じます。動力性能は2種類設定されるエンジンでいずれも十分以上。安全装備もボルボらしく、グレードによる差を持たせず極めて充実しており、300万円台を実現したベースモデルは高いコストパフォーマンスを備えています。

■太田 哲也
【ボルボ XC40】
小型SUVだが、プレミアムな走行性能と作りで新しい価値を創造したこと。

■片岡 英明
【ボルボ XC40】
ボルボのエントリーモデルだが、カジュアルさを上手に表現しながら強い存在感を放っている。ボトムに位置するが、ヒエラルキーにこだわらないクルマづくりも高く評価できる。デザインも独特の個性があり、2トーンのボディカラーはファッショナブルだ。インテリアもプレミアム感覚にまとめ、シートも心地よい。快適装備も充実している。使い勝手のよさも魅力のひとつだ。キャビンも満足できる広さで、前席だけでなく後席も実用になる広さ。ラゲッジルームは荷物を積みやすい。走りの実力も非凡だ。新世代のCMAプラットフォームを採用した最初のボルボ車であり、走らせるとスポーティさと快適性の妥協点が高い。背の高さを意識させない軽快な走りを実現し、ワインディングロードから高速道路まで、気持ちよく走れる。エンジンも軽快なパワーフィーリングだ。どのステージでも余裕がある。また、安全装備も抜かりはない。ベースグレードから上級のV60と遜色ない装備内容で、対向車対応の自動ブレーキまでも標準装備とした。400万円を切るリーズナブルな価格設定やプラグインハイブリッド車などの発売を予定しているのも好印象だ。

■河村 康彦
【ボルボ XC40】
道行く姿を思わず目で追いたくなる、カジュアルでスポーティ、かつ個性的で斬新なスタイリング。「選ぶ楽しさ」を加速させる、豊富なカラーバリエーション。”スカンジナビアン・デザイン”をアピールしつつ、実用性にも富んだインテリア・デザインとパッケージング。どこに乗り付けてもまず持て余すことのない、日本の環境に”適正”なボディサイズ。ボルボ車史上最良と思える、良路上でのしなやかな乗り味。400万円を大きく割り込んだスターティング・プライス。そんな諸々の理由を鑑みて、今回トップ点を与えるに相応しいモデルと評価をしました。

■こもだ きよし
【ボルボ XC40】
最新のボルボのクルマ創りに則った、しっかりしたプラットフォームがXC40の魅力の原点だ。少し固めのサスペンションはSUVとは思えないスポーツカー顔負けの素晴らしいハンドリング性能を発揮する。乗り心地はソフトではないが、路面の不整でも当たりの硬さはなく、ボディが揺すられることが少ないフラット感があるもので、長距離ドライブでも快適で疲れない。アップライトな姿勢で座れるシートはホールド性も良く、長時間乗っても疲れない。前後4つのドアハンドルからロック・アンロックができるのはこのクラスにしては贅沢な装備だ。室内の収納箇所とその容量の大きさは特筆に値する。その徹底ぶりはドア下部のスピーカーをダッシュボード裏側に追いやって、広大なスペースを稼いでいることでもわかる。最新鋭の安全装置をすべてのグレードに平等に備えているところも高く評価できる。

■竹岡 圭
【ボルボ XC40】
独自の世界観と個性をしっかり持ったデザイン力の高さ、クルマとしての運動性能の高さ、未来を見据えた環境性能や安全性能の高さ、そしてクルマというライフスタイルアイテムとしての使い勝手の高さ、さらに素材なども新しいものを使っていることなど、注目に値する高さポイントがたくさんある。なんといっても、乗ってみたい、所有してみたいという気にさせられるというのが最大の魅力。唯一無二の、このクルマが欲しい、このクルマじゃなきゃダメだと選ばせる価値を大きな評価として選ばせていただきました。

■田畑 修
【ボルボ XC40】
このXC40が第1弾となる新開発の小型車用プラットフォーム「CMA」の完成度の高さは特筆できる。未舗装路も含めてどんな路面も軽くいなす感覚で走り抜け、不快な振動も抑えられており、同じプラットフォームを採用する次期V40やS40への期待を膨らませるに十分なパフォーマンスを備えている。また、最もベーシックで400万円以下のT4でも先進安全性能および運転支援機能は上級グレードと同等で、対向車(逆走車など)との衝突も配慮した機能を備えるなど、ボルボならではの高い安全思想も評価できる。北欧デザインの仕立てのいいインテリアに加え、他のボルボ車とはひと味違う躍動感のあるスタイルも所有感を満たしてくれる。装備がさほど豪華でないベーシック仕様を選んでも満足度は変わらないはずで、自分でクルマを持つ喜びや楽しさを感じさせてくれる一台としてイヤーカーにふさわしいと評価した。

■千葉 匠
【ボルボ XC40】
ひと目で新世代ボルボだとわかり、それでいてXC90やXC60とはまったく異なるカジュアルな個性を表現したデザイン。軽快な乗り味がカジュアルなデザインの印象と一致し、見て乗って一気通貫の完成度を感じさせる。バッテリーEVも視野に入れたプラットホームの将来性にも期待が持てる。

■橋本 洋平
【ボルボ XC40】
プラットフォームから刷新してきたコンパクトSUVのボルボXC40は、XC60やXC90といったボルボの上級SUVとは違った路線で造り込んできたところが好感触でした。コンパクトクラスにはコンパクトクラスならではの世界をと、スニーカーのような馴染みやすさで造り込んできたところが好感が持てるポイントでした。そこだけ終わらず、グレード体系でも同様の姿勢を展開。価格的には下になるモメンタムというグレードにおいても、独自の世界観を構築することで、価格的ヒエラルキーを打破したところも評価したいと思います。あえて安いものを選んでも大いにアリ、そこが唯一無二のXC40の魅力でした。

■藤島 知子
【ボルボ XC40】
ボルボ最小のSUVとして登場した「XC40」は、現代のボルボ・デザインをカジュアルなスタイルで表現した一台。インテリアは大型ディスプレイを中心に北欧家具的な温かみのあるデザインを施し、居心地の良さを与えてくれる。収納装備も充実しており、センターコンソールにはティッシュボックスやゴミ箱を備えていたりと、人を中心にした使い易さが考え抜かれた設計になっている。意のままの走行ラインを辿れる走りは楽しく、安心ドライブをフォローする数々の運転支援システムを標準装備。心をときめかすデザインと走り、安心装備の充実など、それら全てを高い次元で叶えてみせた点に感服させられた。

■ボブ スリーヴァ
【ボルボ XC40】
スタイリッシュ、エレガント、素晴らしいドライバー・インタフェース、個性的、実用的、走り良し、バリュー・フォ・マネーに優れている。完璧なバランスとられている

■吉田 由美
【ボルボ XC40】
私の「日本カー・オブ・ザ・イヤー」の選考基準は、「I(私)のクルマ選び」ではなく「WE(私たち)のクルマ選び」ということで、「私たちが幸せになる」クルマを選びたいと思っています。「ボルボ XC40 」は、エクステリア&インテリアデザイン、ボディカラー、充実した先進安全装備、そしてSUVといった旬のアイテムをすべて備えた今年らしいクルマだと思います。

菰田さんもXC40に10点を入れられたようですね。

XC40の全体的なバランスの良さ、安心装備の充実、サイズ感などコストバリューや、完成度の高さが評価されたようですね。

トヨタはカローラスポーツとクラウンで表が割れたのが痛かったですね。
カローラのほうが票を獲得したのは意外でしたが^^;

確かにボルボの世界トップクラスの安全性能、デザインも魅力的ですし、インテリアやユーティリティも使い勝手がよく
走りも評判が良く欠点が見当たらないですし、SUV人気もあり世界的に売れまくっていますので今年の1台に選ばれたのも結果をみると納得かなって思いますね。

ボルボXC40はすでにスポーティモデルのR-Designは2019年モデルも完売で、納期は8ヶ月~1年以上、納期未定までとすごいことになっているようです。。。

VW ポロも結構健闘しましたね。
新型ポロはサイズや質感も高く旧モデルから車格が上がった感じですね。

皆さん的には予想通りでしたでしょうか?
それにしてもボルボすごいですね。

BMWは来年は本命の新型3シリーズがデビューしますので、
来年はカーオブザイヤーを獲得できる可能性もあるじゃないでしょうか^^

期待したいところです♪

それでは、また!

BMW新型車「X2 xDrive20i Msport X」に試乗してきましたので感想など^^アルピン・ホワイトなボディカラーもチェック!

今年の日本カーオブザイヤー27エントリーから10ベストカーが決定!最終結果を予想してみる

今年の日本カー・オブ・ザ・イヤーのノミネート車27台が発表!BMWからは2台エントリー!


COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 4 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By 匿名

    来年の1月くらいにディーゼル出すって資料見せもらいましたよ。

    • By evening_sky

      匿名さま
      コメント&情報ありがとうございます。
      来年1月とうとうX2もディーゼル投入ですか!
      確かにM35iと18dが年明け追加って情報も見つけました。
      Xの偶数モデルはディーゼル入れないっていってましたが、販売を伸ばすために入れざるを得なくなったんでしょうね。。。
      でもX2のディーゼルは魅力的なパッケージングだと思いますので楽しみです^^
      またよろしくおねがいします!

  2. By 匿名

    2月だったかもしれません。
    1.2シリーズはブラインドスポットのアラートがつかないので今時安全装備で劣るので積極的には
    勧められないんですよねえ。特に親とか。

    • By evening_sky

      匿名さま
      再度コメントありがとうございます^^
      1か2月にディーゼルモデル追加なんですね。
      M35iも追加されるようなので同タイミングかもしれませんね
      なるほど。ご両親にすすめる場合はX3や3シリーズなどのほうがより安全かもしれませんね。
      X2のコンパクトさは魅力ではありますが^^;
      またよろしくおねがいします!

お気軽にコメントください^^

*

FACEBOOKでコメントする^^