ルノー・スポールの情熱がこもった「メガーヌ スポーツツアラーGT」を試乗してきました^^4コントロール4WSの出来が秀逸でした♪

ルノー・スポールの情熱がこもった「メガーヌ スポーツツアラーGT」を試乗してきました^^4コントロール4WSの出来が秀逸でした♪

こんばんは!
evening_skyです。

今日はスキマ時間を利用してルノーディーラーまで気になっていた「メガーヌ スポーツツアラーGT」の試乗に行ってきました^^

フランスの国民車のルノーですが、正直今までは特に気になるクルマもなく興味がなかったのですが、

昨年の東京モーターショーで見かけた新型「メガーヌGT」がカッコいいなって思ったのと

【スバル・ルノー編】東京モーターショー2017に行ってきました♪ワールドプレミアのスバル「VIZIV PERFORMANCE CONCEPT」、ルノー新型「メガーヌGT」など写真&インプレ・レポートvol.9




試乗記事やtvk「クルマでいこう!」などでも走りやドライビングプレジャー、4コントロールという4WSの出来が絶賛されており、

F1などのモータスポーツの魂のこもったルノー・スポールの手が入った「ルノー メガーヌ GT」の出来を実際に体感してみたくて試乗にお邪魔してきました。

4WSといえば懐かしい響きですね。
私が昔乗っていたホンダ・プレリュードを思い出します^^;
絶滅したかとおもっていましたが、最近はまたポルシェなどの高級車でも採用されるなど見直されてきています。

新型メガーヌですが、デザインが旧型モデルと比べて同じ車種だったとは思えないほど進化しています

いくら走りが良くても、デザインに惹かれないと所有したいとは思いませんが、この新型メガーヌのデザインはとてもスタイリッシュで気に入りました^^

まずは外見から見ていきましょう旧型の「メガーヌ」と違いとても立体的な造形ですね。
ボンネットに6本のエッジが入っており、躍動感あふれるフロントデザインです。

LEDヘッドライトはCの文字をデザインしたものでルノーの最近の流れですね。「Cシェイプ」と言われています
エアインテークとフラッシャーが一体化した形状でとてもスポーティで若々しいデザインだと思います。

リアもリアディフューザーやLEDテールランプも独特で個性的で素敵です。

サイドビューもなかなか^^

続いて内装も、Cセグメント車としては非常に質感も高くスポーティな仕上がりです。内装は写真撮れなかったので画像はResponseよりお借りしました^^;

シートはレカロシートように左右のサポートがかなり強く、材質はスエード調のアルカンターラとなっており実際に座った感じもかなりいいです。
私の420iGCのMスポーツのスポーツシートより質感高いですねw

ハンドルも太く、パドルシフトもしっかりしています。

アルミ製のペタル&ブレーキで操作感もとても良かったです。

メーターパネルも液晶で、スポーツモードでは赤になったりと気分も高揚させてくれます。^^

リモートキーはカードタイプです。少し厚みありますね。

「スポーツ・ツアラーGT」は荷室も十分です。ゴルフバックも斜めなら積めるかな^^

ナビはなく、Apple CarPlayやAndroid Autoで地図を表示する感じです。


一応日本向けに社外ナビも検討中だそうです。

日本に導入された新型メガーヌは、ルノーのモータースポーツ活動を担当するルノー・スポールが開発したスポーツグレードであるGTシリーズのみと割り切った構成です。

ハッチバック型の
1.2リットル直噴ターボエンジンを搭載「GTライン」
1.6リットル直噴ターボエンジン搭載の「GT」
ワゴンタイプの
「スポーツ・ツアラーGT」の3タイプがラインナップされています。
GTとスポーツ・ツアラーGTは「4コントロール」と名付けられた四輪操舵システム4WSが初搭載されています。

ハッチバック型より個人的には利便性もあるワゴンタイプに興味があったので
今回試乗したのは新型メガーヌのスポーツ・ツアラーGTと言われるワゴンタイプのモデルです。

このルノーの4コントロールという4WSに対するこだわりは強く

「四輪操舵という技術自体は前からいろんなブランドで採用されているが、
ルノー・スポールチームは、このクルマをいかに速く、特にコーナリングを速く駆け抜けるか、
安定してFFでもアンダーがでない、気持ちよくコーナーを駆け抜ける、そういうことに一所懸命集中していろんな技術を試し、行き着いたのが4コントロール」

時速60km以上の場合には後輪が前輪と同一方向に向く最大切れ角1度)ことでコーナリングの安定性を高め、
60km/h未満では後輪が前輪とは逆方向に向く(最大切れ角2.7度)ことで取り回しを楽にするしくみを採用しているそうです。

新型メガーヌで選択出来る色は
・ブルー アイロン Mという鮮やかな青
・ブラン ナクレ M(特別塗装色 +21,600円)というホワイトカラー
・グリ チタニアム Mというガンメタ色
の3種類です。
日本で売れまくるクルマではないので導入されるカラーも絞り気味ですねw

ルノーの象徴の黄色が無いのは寂しいですが、こちらは今後導入される予定のフラッグシップの
「メガーヌ・ルノースポール」用に残してあるのかもしれないですね。

展示車はブルー アイロンM

でとても綺麗な色でした。やはりスタリッシュなデザインなので派手な色が似合いますね♪買うならこの色かなあ~

試乗車はブラン ナクレ Mでした

ホワイトもとても綺麗な白でこちらもいいですね~

ガンメタのグリ チタニアムもちょっと気になりますね

Sport Tourer GTのスペックはこんな感じでです

主要諸元
ハンドル:右
全長×全幅×全高:4,635×1,815×1,450mm
エンジン:ターボチャージャー付筒内直接噴射 直列4気筒DOHC16バルブ
総排気量:1.618L
最高出力(EEC):151kW(205ps*1)/6,000rpm
最大トルク(EEC):280N・m(28.6kgm*1)/2,400rpm
トランスミッション:電子制御7速AT(7EDC)
使用燃料:無鉛プレミアムガソリン
燃料供給装置:電子制御式マルチポイントインジェクション
エンジン型式:M5M
タイヤ 前・後:225/40R18
ブレーキ:前 ベンチレーテッドディスク / 後 ディスク
車両重量:1,480kg
乗車定員:5
型式:ABA-KBM5M
製造事業者:ルノー・ジャポン株式会社

テンロクターボに、1500kg以下の重量、6000回転で発生する205馬力に豊富なトルク280Nm
スペックだけ見てもワクワク感満載ですw

標準装備も装備も「Sport Tourer GT」や「GT」は十分以上に揃ってますね。

主要装備
4コントロール
GT 専用シャシー
エマージェンシーブレーキサポート(アクティブブレーキ)
SDW(車間距離警報)
LDW(車線逸脱警報)
BSW(後側方車両検知警報)
イージーパーキングアシスト
パーキングセンサー(フロント・リア・サイド) + リアカメラ
ルノー・マルチセンス
アンビエントライト
R.S.ドライブ
パドルシフト
ストップ&スタート機能
ハンズフリーカードキー
7インチマルチファンクションタッチスクリーン(AM・FMラジオ/USB/Bluetooth*2機能)
7インチフルカラーTFTメーター
GT用ナパレザーステアリング
GTスポーツシート(アルカンタラ)
後席イージーフォールディング機能
ルーフレール
フルLEDヘッドランプ/ デイタイムランプ
18 インチアロイホイール ‘MAGNY-COURS’

価格は、
「GT」3,340,000円
「スポーツ・ツアラー GT」が3,540,000円
「GT-Line」が2,630,000円
となってます。

正直「GT-Line」は1.2Lで4コントロール未搭載ですのであまり魅力を感じませんね。ありがちな安く見せるための見せダマといったところでしょうか^^;

安全装備や運転支援装備もそれなりに揃っており、1つ残念なのが本国では搭載済みのACC(アクティブ・クルーズ・コントロール)が搭載されていないところぐらいですね。
日本では承認作業などのコストが掛かるので様子見といったところでしょうか。

走行モードは以下の4種類用意されており、ボタンとタッチパネルで切替可能です。
■Comfort リラックスした快適な走りを優先するモード。
■Neutral 初期設定であり、すべてにバランスのとれたスムーズな走りを優先するモード。
■Sport ルノー メガーヌ GTの走行性能を存分に引き出すスポーツドライビングに適したモード。
■Perso 自由にカスタマイズできるパーソナルモード

前置きが長くなりましたが、早速試乗してみての感想です。

まずはデフォルトのナチュラルで幹線道路沿いを走行しました。

乗り心地は18インチホイールの影響もあるかもしれませんが、やや硬めですね。
個人的には気になりませんが、BMWでいうとMスポーツに近い乗り心地ですね。

ロードノイズもそれなりに感じますので静寂性という点ではあまり期待しない方が良いかもです。

太いトルクの恩恵もあり低回転からスムーズに走れますね。
踏めば素直に加速してくれますし、動力性能は不満は感じないですね。

4WSが効いていまして確かに交差点やレーンチェンジ時のハンドリングも小気味よい感じで良好です。
ハンドルを切るとすっとクルマが回ってくれるので曲がるのが楽しいって感覚があります。

エンジンは必要十分ですが、もう少し味付けがほしいなって感じ、思っていたほど感慨もなくこんなもんなのかなあって期待してた分ちょっと期待はずれ感を感じていました。

しかし、走行モードをスポーツにしたら一変しました!

エンジンの反応が別物というくらい元気になり、かなりワイルドなレスポンスになりました。

1.6Lエンジンとは思えない過激さ、どこまでも回るんじゃないかと感じるような高揚感を感じさせてくれます。

パドルシフトを使って高回転まで引っ張った走りが楽しすぎます。

シフトダウン時のブリッピング音的な演出も気持ちいいです。
楽しいですがずっとスポーツモードで走ってると疲れそうですねw

楽しく走ってると助手席や後部座席の人は気をつけないとちょっと酔っちゃうかも^^;
人をのせているときは、Neutralやコンフォートモードでゆったり走るのがよろしいかと思いますw

ワインディングロードや箱根ターンパイクなど走ったら間違いなく楽しいでしょうね!

ニュルブルクリンクのFF市販車最速ラップを2回記録したフラッグシップモデルの「メガーヌ・ルノースポール」も今年中には日本導入されるそうですが、
今回試乗して「GT」か「スポーツ・ツアラー GT」があれば個人的には問題ないかなって感じましたw

今回乗った「メガーヌSport Tourer GT」はゴルフヴァリアントが一番の競合になるかと思いますが、私が選ぶなら断然メガーヌ「メガーヌSport Tourer GT」かなと思います。

ルノーにあまり興味ないなって方や、FFでしょ?って方も是非一度、このルノー・メガーヌの「GT」「スポーツ・ツアラー GT」に乗ってみて欲しいです。

おっ!ルノーやるじゃん!って感じる方が多いのではと思います。

BMW1シリーズやゴルフなどを検討される際はこのルノーメガーヌも一度試乗されてみては如何でしょうか^^
欲しくなっちゃうかも♪

今回は「GT」は試乗車無かったですが、ハッチバックで50kgぐらい軽量なので更にドライビングプレジャーを感じさせてくれそうですね♪

カタログやアクセサリーカタログを貰ってきたのでじっくり読もうと思います♪
ちなみにサンルーフはオプション設定自体存在しないそうです^^;

導入されたら「メガーヌ・ルノースポール」も試乗してみたいなあ~^^

それでは、また!

【スバル・ルノー編】東京モーターショー2017に行ってきました♪ワールドプレミアのスバル「VIZIV PERFORMANCE CONCEPT」、ルノー新型「メガーヌGT」など写真&インプレ・レポートvol.9

今までの車歴と次期愛車候補


COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By hitomin

    こんばんは(^^)

    乗っちゃいましたか!
    気合の入りまくった試乗記からも興奮ぶりが伝わって参ります(笑)

    この車は乗ったらやられますよね…
    私が試乗したディーラーはワインディングを思いっきり走らせてくれたので尚更です(^_^;)
    あまりの楽しさにその後に試乗したMINIのJCWやポルシェケイマンすらすっかり霞んでしまいました…
    コストパフォーマンスも抜群なので…あぁ、本気で危ないかも(汗

    • By evening_sky

      hitominさんこんばんは!
      コメントありがとうございます~
      この記事は一番hitominさんに読んでいただきたかったですし、コメントいただけると思っていました♪
      ほんとこのルノーメガーヌGTパワーヤバイですね!
      乗ってビックリでした。。。このまま峠に出かけて行きたかった気分でしたw
      コストパフォーマンスも抜群ですよね!
      試乗してここまでパンチ食らったクルマは初めてですw
      とっても欲しくなりましたが残念ながらセカンドカーは買ったばかりですし、
      4シリーズグランクーペも気に入っているので悩ましいですw
      hitominさんお先にいっちゃってください^^
      またよろしくお願いします!

お気軽にコメントください^^

*

FACEBOOKでコメントする^^